体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本にも上陸して欲しい!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン

飲みすぎた翌日はここ!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン

これから忘年会・新年会のシーズンを迎えると、お酒を飲む機会も増えるのではないでしょうか。だめだと分かっているのに、ついつい飲みすぎてしまうことってありますよね。そして次の日に二日酔いで後悔したり。Barやクラブなどのナイトライフが充実しているオランダの首都アムステルダムでも、そんな飲みすぎた次の日の悩みは共通のよう。そんなアムステルダムに、二日酔いや飲みすぎた人だけが入れるBarがオープンし、話題を呼んでいます。

緑のオアシス「Hangover Bar」

飲みすぎた翌日はここ!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン
(C)facebook/Matt Sleeps

それがここ、「Hangover Bar」。日本語にすると、そのまま「二日酔いバー」という意味です。天窓から降り注ぐやさしい光と、観葉植物のグリーンに囲まれた、気持ちよさそうな空間ですね。そして中央に設置されているのは、大きなソファ…ではなく、ベッドです。

飲みすぎた翌日はここ!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン
(C)facebook/Matt Sleeps

そう、この「二日酔いBar」には、飲みすぎた人が二日酔いを癒すための場所なのです。アイマスクやスリッパなどのアメニティも充実していて、まるでホテルのようです。

飲みすぎた翌日はここ!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン
(C)facebook/Matt Sleeps

そしてBarを名乗るからには、ドリンクスタンドも。スムージーなどのソフトドリンクを取り扱っています。

飲みすぎた翌日はここ!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン
(C)facebook/Matt Sleeps

スムージーのビタミンが、飲みすぎた後のカラダにしみわたりそうです!

飲みすぎた翌日はここ!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン
(C)facebook/Matt Sleeps

そして、室内中央の噴水では飲料水を自由に汲み放題。いくらでも水分補給できそう!

飲みすぎた翌日はここ!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン
(C)facebook/Matt Sleeps

二日酔いBarのサービスは、飲み物ばかりではありません。こんな近未来的なスタンドでも、驚きのサービスが受けられます。

■あわせて読みたい
まるで天空にいるみたい?アムステルダムの空港に出現した3Dの雲の壁
世界遺産の街は夕暮れ時が最も美しい。ロマンチックな夜の「アムステルダム」
大人っぽい雰囲気が魅力、アムステルダム空港の「チョコレート専門店」
オランダ人が住んでみたい村ナンバーワン。静寂の村ヒートホールン

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。