ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

検査のFT3(遊離トリヨードサイロニン)の値でわかる甲状腺の異常とは?

  • ガジェット通信を≫


FT3(遊離トリヨードサイロニン)は甲状腺ホルモンとして作用するものです。

血液検査の項目の中のFT3はこの量を調べる検査項目です。

このF3の値が意味するものは、またどんな病気の疑いがあるのでしょうか。

要チェック項目

□FT3は、体内でT4、T3、FT3と変化したものである。

□トリヨードサイロニンはFT3でしか甲状腺ホルモンとして作用できない。

□FT3の値が基準値を上回っていても下回っていても甲状腺に何らかの異常がある。

FT3(遊離トリヨードサイロニン)とは

本来、甲状腺ホルモンにはT3、T4の2種類があります。これはそれぞれ、基本の骨組みにヨードが3個結合、4個結合が違いとなります。

甲状腺ホルモンが分泌されると、その大部分が蛋白質とくっついて血液中を流れます。その中で、ごくわずかですが、蛋白質とくっついていない、いわば遊離型のフリー(FREE)なホルモンも流れています。

最終的にホルモンとして作用するのはこの遊離型のフリーなホルモンで、FREEの「F」と本来の「T3」がくっついて、FT3と呼ばれるようになりました。

ですから、体内でT4、T3、FT3と変化してFT3は存在できているので、もともとFT3そのものでは存在していないということになります。

FT3の血液検査目的とは

FT3の検査目的は、甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などの甲状腺の機能異常の疑いがある場合に行われます血液検査です。

FT3が甲状腺ホルモンそのものの働きとしてさようしているので、FT3の値を見れば、甲状腺ホルモンが分泌されすぎているのか、不足しているのかがすぐに判断ができます。

血液検査項目FT3の値でわかる病気とは

甲状腺から分泌するホルモンの大半がT4で、このT4が肝臓といったいくつかの臓器で多くのT3に作りかえられているのです。

いわば、T3はT4の生まれ変わりのようなものなのです。T3そのものがホルモンとして作用する力が強いので、FT3となって甲状腺ホルモンとして全身への影響力もやはり強くでています。

実際に血液検査をして、FT3の正常値の目安は2.10~3.80pg/mlなので、FT3の値が高いか低いかで、実際に作用している甲状腺ホルモン量の過不足を知ることができるのです。

FT3が基準よりも低かった場合に疑われる病気

甲状腺ホルモンはT3、T4がありますが、この測定だけで診断することはありません。これ以外にも甲状腺刺激ホルモンなど他の数値も考慮し、総合的にみて診断がついていきます。

ここでは、FT3の値が正常値より低い場合に考えられる可能性のある病気をいくつかあげていきます。

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの不足が原因で代謝機能が低下する代謝内分泌疾患の一つです。甲状腺ホルモンが不足するので甲状腺ホルモンであるFT3の値も正常値より減少します。

慢性甲状腺炎(橋本病)

橋本病は自己免疫疾患とも考えられます。自己抗体が甲状腺を攻撃し、炎症がおこり、甲状腺ホルモンの分泌が低下します。その結果、甲状腺ホルモンであるFT3の値は正常値よりも低くなります。

また、甲状腺ホルモンが不足する意外な原因があります。

それは、ヨードの過剰摂取です。日本人は比較的、昆布といったヨードを含む食品を多く摂取しているので、ヨードの過剰摂取で機能低下を起してしまっているケースもあります。

FT3が基準よりも高かった場合に疑われる病気

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

バセドウ病は本来TSH(甲状腺刺激ホルモン)がホルモンを分泌するところ、自己抗体が甲状腺を刺激して甲状腺ホルモンを過剰に分泌してしまっておきる疾患です。

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるので、FT3が過剰になり、正常値よりも高い値となります。

亜急性甲状腺炎

甲状腺に炎症が起き、甲状腺の破壊が激しく起こると、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されます。

全経過が急性と慢性の間なので亜急性甲状腺炎とよばれています。甲状腺の過剰分泌が起きるので、FT3の値は正常値よりも高くなります。

急性甲状腺炎

甲状腺に炎症が起き、甲状腺の破壊が激しく起こると、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されます。全経過が急性なので急性甲状腺炎とよばれています。甲状腺の過剰分泌が起きるので、FT3の値は正常値よりも高くなります。

FT3の値が異常だったら

わずかな異常でも、私たちの身体に与える影響は大きいです。

FT3に異常があるということは、甲状腺ホルモンそのものの異常作用を受けているという事なので、早めの対処が必要です。

早めに治療を行うと、問題なく日常生活が送れる疾患ばかりです。しかし、放っておくと悪化するだけで自然治癒することはほとんどありません。

もし、FT3の検査結果が正常範囲でなかったら、すぐに専門機関を受診しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

血液検査で表われるFT4(サイロキシン) 数値が示す甲状腺の異常
血液検査のTSHは甲状腺刺激ホルモンの値 数値低下はバセドウ病の場合も
若さは目元から!厄介なクマを治療して明るい印象を取り戻そう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP