ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花粉症の人は要注意!? 雷雨ぜんそくの原因・症状・予防法ガイド

  • ガジェット通信を≫


2016年11月24日、オーストラリアで「雷雨ぜんそく」による死者が3名出たことがニュースで大きく取り上げられ話題になりました。

聞きなれない「雷雨ぜんそく」という病名ですが、原因や症状は普通のぜんそくとはどのように違うのでしょうか?また、日本でも起こる可能性はあるのでしょうか?

早速医師に詳しく解説をしていただきました。

雷雨ぜんそくとは

一般的な医学用語の範疇ではありませんが、花粉が多い時期に雷雨が加わることで発症する、重篤な気管支喘息のことを指します。

雷雨ぜんそくの原因


花粉が多い時に、雷雨が起こると湿度の影響で花粉の粒子が破裂してしまいます。

これによって、通常であれば鼻毛などで侵入を防いでいたはずの花粉粒子が体内に入ってきてしまい、気管支に炎症を起こすことが原因です。

雷雨ぜんそくの原因となる主な花粉の種類

オーストラリアの喘息関連の財団によるとイネ科の植物の花粉が原因となっている可能性が指摘されています。

その他にも、草の花粉、樹木の花粉、キノコの胞子でも起こりうるともされており、2010年にはイタリアでオリーブの木の花粉で雷雨ぜんそくが起きた事例がありました。

雷雨ぜんそくの症状

報道によると、オーストラリアで発症した患者さんのケースでは、短時間のうちに救急要請が多かったことなどから、以下のような一般的な気管支喘息の症状が急速に重篤化するケースが多いのではないかと考えられます。

■ 慢性的な咳

■ 夜間、早朝に多くなる咳

■ 発作性の呼吸困難

■ 喘鳴

■ 胸部圧迫感

雷雨ぜんそくの治療方法

一般的な喘息の治療方法は以下となります。

発作時

短時間作用型β2刺激薬の吸入 アミノフィリン点滴、ステロイド点滴、アドレナリン皮下注射、酸素吸入、人工呼吸管理

長期管理薬

副腎皮質ステロイドの吸入、長時間作用型β2刺激薬

雷雨ぜんそくで懸念される合併症

気管支喘息が重症化した場合には、呼吸停止、心停止、意識障害などが見られることがあるので、同様のことが、起こりうると考えられます。

雷雨ぜんそくになりやすいタイプ

一般的に喘息になる原因は明確になっているわけではありません。

様々な要因が原因であると考えられますが、1例として、血縁者にアトピー疾患があるとなりやすいとされており、雷雨ぜんそくの場合も、そのような家族歴をお持ちの方はなりやすい可能性は考えられます。

雷雨ぜんそくの予防対策


花粉の飛散が多い季節には、マスクをしっかりとして外出することが大切です。

また、帰宅したときは、衣服についた花粉を払ってから家の中に入るなど、できるだけ花粉に触れない環境を作るようにした方がいいと思います。

雷雨ぜんそくは日本でも起こる?

発症が予想される地域の特徴

主にはイネ科の植物が原因であるとすると、イネ科の花粉は関東地方と東北地方、九州地方に飛散が多く、時期的には4月~8月まで飛散が続きます。

最近ではゲリラ豪雨と称されるように、日本各地で雷雨が起こることがありますので、そういったことが重なると雷雨ぜんそくになる可能性はあると思います。

最後に医師から一言

ぜんそくは軽症から重症まで様々ですが、重症の場合は命の危険がある重い疾患です。ぜんそくを指摘されている方は、副腎皮質ステロイドの吸入を忘れずに行ってください。

また強い呼吸困難感などが現れた場合にはすぐに医療機関を受診してくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

《2017年》花粉流行速報!最新の飛散予測とピーク時期を徹底ガイド
花粉症にはヨーグルト? 効果的なヨーグルトの選び方について
季節によって種類が違う!花粉症の時期を知って早めの予防対策をしよう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP