体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザ・ローリング・ストーンズが来店! 伝説のロックバー「レッドシューズ」【南青山】

f:id:Meshi2_Writer:20161027171827j:plain

“ロックの迎賓館”

シーナ&ロケッツの鮎川誠氏にそう言わしめた真紅のロックバー「レッドシューズ」。世界中のロックセレブに愛され、知る人ぞ知る隠れ家的な大人の社交場として多くのミュージシャンが訪れています。そこにはいったいどんな歴史とドラマが詰まっているのでしょうか?

南青山の一角に佇む伝説の店

f:id:Meshi2_Writer:20161027170541j:plain

渋谷駅から歩くこと約15分、六本木通り沿いの南青山に噂の「レッドシューズ」があります。その名の通り、暗闇に煌々(こうこう)と赤く光る看板がお店の目印です。オフィスビルと住宅に囲まれた立地で、一見してここに伝説のロックバーがあるとは誰にも想像がつかないことでしょう。

f:id:Meshi2_Writer:20161027171826j:plain

出迎えてくれたのは、二代目オーナーの門野久志さん(以下、門野さん)。日本のカフェバーブームを支える第一人者のひとりです。

「いらっしゃい」と一言、俺について来いと言わんばかりのロックなオーラを感じさせながら店内へ案内してくれました。「レッドシューズ」の入り口は、初めてライブハウスへ入るときのような興奮と高揚感にあふれ、重くて真っ赤な鉄の扉がロックの心をさらに高めます。

f:id:Meshi2_Writer:20161027174140j:plain

風神雷神が印象的な真紅に染まった店内には、ギターアンプがズラリと並んでいます。世界的ミュージシャンがここで夜な夜なセッションを繰り広げている様子を想像するだけで、ロック好きにはたまらない空間と時間を過ごせるのではないでしょうか。

かつてどんなミュージシャンが訪れていたのだろうか、そんな思いを胸にオーナーへお店の歴史やドラマをうかがってみました。

「RED SHOES」、その歴史とドラマ

「元々『レッドシューズ』は西麻布にあったんです」と話し出す門野さん。伝説のロックバー「RED SHOES」は、六本木でバーを経営していた先代オーナーの松山勲氏によって、1981年12月5日西麻布にオープンしました。

1980年代の風営法改正によってディスコが取り締まり対象となった当時、「RED SHOES」のような朝まで楽しめるお店にお客さんが流れ込み、西麻布ブームを牽引する存在になっていったそうです。

f:id:Meshi2_Writer:20161027175935j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。