体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラウドソーシングは人を幸せにするのか?

f:id:kensukesuzuki:20161118154338j:plain

こんにちは、ハブチン(写真左)です。

“クラウドソーシングサービス”ってとても便利ですよね。皆さんは利用していますか?

翻訳、文字起こし、会計作業……などなど、様々な業務を手伝ってくれる働き手と、インターネットでマッチングしてくれるサービスです。しかしながら単純作業は、ロボットや人工知能、海外や地方の賃金が安い労働力などにより代替されて、作業単価が下がってきています。今後よりロボットや人工知能が普及にしていく時代に、人間はどうすれば代替されずに働けるのか?在宅派遣サービスを提供している株式会社キャスター代表取締役の中川祥太さんにお話を聞きました。

【プロフィール】中川祥太(写真右)

1986年6月生まれ。西大和学園高等学校卒。日本大学経済学部中退。

20歳の時に下北沢に古着屋を開業するも振るわず閉店。2010年ネット広告代理店のオプト社に入社。社内ベンチャーのソウルドアウト社に出向。

2012年イー・ガーディアン社の新規事業を担当する中でクラウドソーシングと出会い、その可能性を感じ2014年9月、株式会社キャスターを起業。

単純なオペレーション作業に価値はない

ハブチン:私は独立してからクラウドソーシングサービスを使って一部の作業を外注しています。自分が子育てをしながら仕事もしているので、育児と仕事を両立する仲間を増やしたいという想いから、子育てをしている主婦の方に仕事を発注しています。その主婦の方々の仕事が早くて確実で優秀なんですよ。

中川:本当に優秀ですよね。

ハブチン:とても優秀なのに、「えっ!?さすがに安すぎない??」って思う作業単価の見積りを頂くんです。仕事をお願いする側の立場にとっては安ければ安いほどいいのかもしれません。しかし私の場合、妻が子育て中の主婦でもあるので、もし自分の妻が安い作業単価で働いていたら…と想像すると辛いので、逆にこちらから適切な作業単価で請けていただくようにお願いしています。

f:id:kensukesuzuki:20161118155701j:plain

中川:そうなんですよね。クラウドソーシングを始めたての方は、自分たちがご飯を食べていくための作業単価設定をいくらにすべきかを知らずに値決めをしている人が多いですね。

ハブチン:私がお願いしている文字起こしの仕事は、募集や提案金額の相場も下がってきているみたいです。価格を下げても、仕事が取れなくなってきているようです。

中川:市場の原理に任せるとそうなってしまいますよね。

ハブチン:私がお願いしている主婦の方もかなり割に合わない仕事だなと感じているようです。でも子育て中は、子供は毎日決まった時間に寝るわけではないし、夜間もまとめて寝ることは少ない。つまり他の人より圧倒的に時間が取れなくて、スキマ時間でできる仕事は他にないから、結果、クラウドソーシングに頼らざるをえない。

中川:以前調査したことがあるのですが、平均時給が100円を切っていました。

f:id:kensukesuzuki:20161118171215j:plain

ハブチン:えぇ、100円を切っているんですか!ここ日本ですよね(汗)

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。