ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ほかほかごはんのCMに似合う曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は11/23新嘗祭にちなんで「ほかほかごはんのCMに似合う曲」をご案内します。

1.「home」/ 木山裕策
●茜色に染まる夕日とご飯が炊けた匂いが心に沁みる

歌い出しを聴いただけで、子供の頃に夕焼けの公園から、父と一緒に家路についた景色が目に浮かびあがります。手をつないで家に帰る途中では、晩御飯の支度をしている匂いが家々から漂ってきて、帰宅した自分の家からも同じ匂いがすると、幸せな気持ちに――まるでCMのように良く出来たお話ですが、この曲を聴くと、ほかほかご飯と親からの愛情をふと思い出してしまうのです。

(選曲・文/石井由紀子)
https://www.youtube.com/watch?v=IBkNKMB2phY

2.「日本の米は世界一」/打首獄門同好会
●脱炭水化物ダイエットとか知らねぇ!主食の米食え!

聴くと、米が食べたくなる!!そうそう、丼も定食も米がないと始まらないのよね。しかも、日本の米は世界一美味いから、丼も定食も美味いだよな、と思いつつも、激しいリズムに体が動く、極上お米ナンバー。打首獄門同門会は、ギター、ベース、ドラムの3ピースバンド。ハードな音楽ですが、ベースとドラムのリズム隊は女子が担当しています。バンド名は恐ろしい感じですが、サウンドと歌詞は面白さ満点で、一度聴いたら病み付きです。

(選曲・文/石井由紀子)

●これぞRICE×ROCKの決定盤

今回のテーマ、ほかほかごはんのCMに似合う曲、どう考えてもこれ以外ないでしょう。食をこよなく愛するロックバンド・打首獄門同好会の「日本の米は世界一」。冒頭から牛丼・カツ丼と丼物のオンパレードな歌詞は、PVにすると完全に食をそそられる映像そのもの。これを見たらお米を食べたくなるに決まっているじゃないですか。TPPがなんだ、パンがなんだ!日本人ならお米じゃないか!というわけで彼らには是非、ごはんのCMだけでなくJAとも協賛してテーマソングを作って欲しいところであります。

(選曲・文:Kersee)
https://www.youtube.com/watch?v=BuU2bocSfDo

3.歌劇『ジャンニ・スキッキ』より「私の愛しいお父さま」/幸田浩子
●秋が深まり、ほかほかごはんに愛しさ募る一曲

プッチーニ作曲のオペラアリアです。娘のラウレッタが父に、恋人との結婚を許してほしいとお願いする内容です。初々しい娘の凛とした声は、炊きたてご飯のツヤツヤにぴったり。音の上昇とともに深い愛情の広がりを表現するところは、お釜の湯気がふんわりする様子を想像させます。

幸田さんの張りのある丁寧な歌唱表現は、対象への敬意が感じられて、日本の伝統食にもマッチしています。この曲を聴きながら炊きたてごはんをほおばって、幸せをかみしめたいですね。

(選曲・文/山本陽子)

4.「SUNNY DAY SONG」/μ’s
●限定米にもなったお米大好きキャラNo.1!

お米をこよなく愛する人といえば、今や世間では小泉花陽(こいずみ・はなよ)ちゃんが筆頭です。漫画、アニメ、ゲーム、映画化と、破竹の勢いを見せる人気コンテンツ『ラブライブ!』の登場人物で、公式プロフィールにもずばり「好きな食べ物:白いご飯」。ただでさえかわいい彼女が、一心不乱にご飯を食べるシーンは魅力が何倍増しにもなります。人気が高じて、昨年は彼女の限定イラストパッケージのお米まで実際に発売されました。

というわけで、楽曲は映画版からμ’s(ミューズ)で「SUNNY DAY SONG」。イメージはまさに太陽に照らされる実り、花陽ちゃんと「I LOVE GO・HA・N!」な人にぴったりな歌なのです♪

(選曲・文:Kersee)

5.「狩りから稲作へ」/レキシ
●日本の稲作は弥生時代から始まりました。

“縄文土器 弥生土器 どっちが好き?”のフレーズで、レキシのライブではお馴染み過ぎるくらいにお馴染みの曲。CDでは6分ほどですが、ライブだと確実に10分以上の長尺になります。各ロックフェスにも頻繁に出ている彼ですが、持ち時間によってはこれ1曲で終わってしまうこともあるとかないとか。最近では公式グッズで”INAHO”という名の稲穂まで発売されるようになりました。この曲でオーディエンスが稲穂を振る光景は、いよいよ日本の原風景に近づいていると言っても……過言かもしれません(笑)

もっとも、ごはんのCMには土器の部分より“稲作中心”の歌詞がある、2:00~3:30の部分を使うのがオススメです。

(選曲・文:Kersee)

6.「ake-kaze」/ 林 明日香
●アジアの原風景はコメ文化

朝の光が部屋に差し込み、まだ夢うつつの布団の中へ、ふとご飯を炊く香りが――「飯炊ぐ 匂ひ 夢の中」と歌う「ake-kaze」は、歌手・林明日香が日本と台湾で同時デビューを果たした2003年のシングル曲です。炊飯器のCMソングに採用され、台湾のほか、シンガポールや中国でもヒット、第18回日本ゴールドディスク大賞のニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

当協会創設者でもある作詞担当・鈴木健士は「朝ご飯を作る音や匂いで目を覚ます幸せ、多くの人が共感出来るであろう普遍的な朝の情景」を意識して作ったと取材に応えています。

大切な人と囲む朝ご飯、大事にしたいですね。

(選曲・文:麻布さやか)
https://www.youtube.com/watch?v=xXAZHRTRJIY
さて、お気に召した選曲はございましたか。

ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、楽曲をお楽しみいただければ幸いです。

それでは、また次号で♪

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP