ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

11/28付ビルボードジャパンチャートおよび11/14〜11/20 RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫
11/28付ビルボードジャパンチャートおよび11/14〜11/20 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard JAPAN」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による11月28日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、Hot Overseas(集計期間:2016年11月14日〜11月20日)および2016年11月14日〜11月20日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

AKB48「ハイテンション」143.8万枚を売り上げ、JAPAN HOT100総合首位獲得

年内卒業の“ぱるる”こと島崎遥香がセンターを務める、AKB48「ハイテンション」が初動1週間で1,438,469枚を売り上げ、シングル・セールス・ポイントの大差を守り、JAPAN HOT100総合首位を獲得した。ただし、シングル・セールスでは既報通りの強さを見せた当曲だが、PCの読取数であるルックアップでは星野源「恋」とback number「ハッピーエンド」に次ぐ3位となっており、母数の大きさに比べポイントが伸び悩んでおり、油断できない結果といえる。とはいえ、他指標では、ラジオ8位、ダウンロード8位、Twitter4位、MV10位とまずまずのポイントを上げており、次週以降のチャート・アクションに注目だ。

 総合2位の星野源「恋」の勢いは変わらず。ラジオ4位、シングル・セールス17位、ダウンロード1位、ストリーミング1位、ルックアップ1位、Twitter2位、動画再生2位と、3冠を記録。特に前週より929,030回増で9,134,039回をマークした週間動画再生回数の増加傾向は衰えを見せない。所属レコード会社より、ドラマ『逃げ恥』放送期間中、90秒程度の“恋ダンス”動画をユーザーがYouTubeにアップロードすることについて、営利目的外などのルールを守る限りは削除することはないとのアナウンスも公式に出され、この勢いが加速する可能性が高い。これが他指標のポイントに影響し、しばらく上位を守ることは確実だろう。

 今週ラジオで1位となったのは桑田佳祐「君への手紙」。解禁以降、ラジオ指標で12位→2位→8位→6位→1位と推移しており、サザン同様、ラジオでの強さを改めて見せつけた格好だ。映画『金メダル男』主題歌、WOWOW開局25周年CMソングである当曲、ストリーミングでも12位と注目度が高く、セールス・ポイントが加算される次週の順位にこちらも注目だ。

セールス首位のSUPER★DRAGON 「Pendulum Beat!」を押さえ、Aimer「茜さす」がアニメチャート初登場首位

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは、Aimerの「茜さす」が首位を獲得した。本作は10月からテレビ東京系列で放送中のアニメ『夏目友人帳 伍』のエンディングテーマに起用されており、ダウンロード回数が1位、Tweet数2位、動画再生数&ラジオ放送回数が3位とどの指標もまんべんなくポイントを積み上げている。

 僅差で2位となったのは、今週で22回目のチャートインとなるRADWIMPS『前前前世』が獲得。本作は、リリースから3ヶ月近く経過しているにも関わらず、いまだ動画再生数&Tweet数が1位と人気が健在。紅白歌合戦への出演も内定したことから、さらにロングヒットが期待されている。

3位は、今週初登場となったSUPER★DRAGONのデビュー作「Pendulum Beat!」が獲得。テレビ東京系でオンエア中のテレビアニメ「遊☆戯☆王ARC-V」のオープニングテーマに起用されており、シングルのリリースを記念したイベントツアーを、9月から11月にかけて全国13カ所で開催。シングル・セールス数で首位を獲得し、総合アニメチャート3位を獲得した。

ブルーノ・マーズ「24K・マジック」が6度目の洋楽チャート首位に、先日逝去したレオン・ラッセルの代表曲が8位に登場

今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”は、ブルーノ・マーズの「24K・マジック」が2位以下を大きく引き離し、6週目の首位を獲得した。

 強さの秘訣は、圧倒的な高さを誇るラジオポイント。さらにダウンロード、Twitter、YouTubeとまんべんなくポイントを積み上げ、首位をキープした。2位は、先週の15位から大きくジャンプアップしたDNCE「ボディ・ムーヴズ」が獲得。こちらも、「24K・マジック」に次ぐラジオポイントの高さで、ほぼラジオポイントのみで2位に着けている。

 続く3位は、今週で14回目のチャートインとなるチェインスモーカーズの「クローサー feat.ホールジー」が獲得。本作は、動画再生数、ダウンロード数がともに1位で、全米ソングチャートでも、16回目のチャートインで2位を獲得するなど、世界的なヒットが続いている。その他、8位には11月14日に74歳で惜しくもこの世を去ったレオン・ラッセルの「ソング・フォー・ユー」チャートイン。本作は、1970年にリリースされたアルバム『レオン・ラッセル』に収録されているレオン・ラッセルの代表曲。カーペンターズ、レイ・チャールズ、アレサ・フランクリン、ハービー・ハンコックらがカバーするなど、多くのミュージシャンに影響を与えた作品だ。

2016年11月28日付 Billboard Japan Hot 100

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
57
ハイテンション
AKB48
K
20161116
4
2
3

星野源
V
20161005
10
3
43
PIERROT
GENERATIONS from EXILE TRIBE
RZN
20161116
5
4
73
ハッピーエンド
back number
SIG
20161116
5
5
4
ペンパイナッポーアッポーペン
ピコ太郎
AVT
20161207
7
6
1
サヨナラの意味
乃木坂46
SMR
20161109
5
7
2
Welcome to TOKYO
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
RZN
20161109
8
8

茜さす
Aimer(エメ)
SMER
20161116
1
9
6
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
21
10

PaNiC!
U-KISS
AVT
20161116
1
11

Pendulum Beat!
SUPER★DRAGON

20161116
1
12

Take me☆Take you
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS!!(高垣楓,三船美優,森久保乃々,島村卯月,安部菜々,前川みく,依田芳乃,本田未央,佐藤心)
C
20161116
1
13
34
Taking Off
ONE OK ROCK
ASI
20170111
10
14
37
君への手紙
桑田佳祐
V
20161123
5
15

Fighter
安室奈美恵
AVT
20161026
1
16
15
Dear Bride
西野カナ
SMER
20161026
7
17
39
二人セゾン
欅坂46
SMR
20161130
2
18

Dance Dance!!
トラフィックライト。
V
20161116
1
19
7
RAGE OF DUST
SPYAIR
SMAR
20161109
5
20

Bedroom Warfare
ONE OK ROCK
ASI
20170111
1

2016年11月28日付 Billboard Japan Hot Animation

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
タイアップ
1

茜さす
Aimer(エメ)
SMER
20161116
1
TX系「夏目友人帳 伍」エンディング
2
2
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
22
映画「君の名は。」主題歌
3

Pendulum Beat!
SUPER★DRAGON

20161116
1
TX系「遊☆戯☆王ARC-V」オープニング
4

Take me☆Take you
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS!!(高垣楓,三船美優,森久保乃々,島村卯月,安部菜々,前川みく,依田芳乃,本田未央,佐藤心)
C
20161116
1
(声優)
5
3
RAGE OF DUST
SPYAIR
SMAR
20161109
5
TBS系「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング
6
7
なんでもないや
RADWIMPS
EMI
20160824
13
映画「君の名は。」主題歌
7

絶対的晴天青空
aki a.k.a 出口陽
UM
20161116
1
MXTV他「美少女遊戯ユニット クレーンゲール ギャラクシー」エンディング
8

Lovely Eyes
神宮寺レン(諏訪部順一),桐生院ヴァン(高橋英則)

20161116
1
MXTV他「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター」より
9
1
想いよひとつになれ
渡辺曜(斉藤朱夏),津島善子(小林愛香),国木田花丸(高槻かな子),小原鞠莉(鈴木愛奈),黒澤ルビィ(降幡愛),高海千歌(伊波杏樹),松浦果南(諏訪ななか),黒澤ダイヤ(小宮有紗)
LA
20161109
2
MXTV他「ラブライブ!サンシャイン!!」より
10
17
History Maker
DEAN FUJIOKA
ASI
20161007
7
ANB系「ユーリ!!!on ICE」オープニング
11
11
スパークル
RADWIMPS
EMI
20160824
14
映画「君の名は。」主題歌
12

フレフレ!青春賛歌
和泉一織(増田俊樹),七瀬陸(小野賢章),九条天(斉藤壮馬)
LA
20161119
1
(声優)
13
15
ヒカリアレ
BURNOUT SYNDROMES
ERJ
20161026
6
TBS系「ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校」オープニング
14
5
時ぞとも無し兼備の華よ
堀川国広(榎木淳弥),和泉守兼定(木村良平)

20161109
2
MXTV他「刀剣乱舞-花丸-」エンディング
15

僕は僕であって
angela × fripSide
K
20161019
2
TBS系「亜人」オープニング
16

My Only Place
スフィア
LA
20161116
1
MXTV他「装神少女まとい」エンディング
17

ひまわりの約束
秦基博
AOJ
20141224
114
映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌
18

アシタノツバサ
石田燿子
C
20161116
1
MXTV他「ブレイブウィッチーズ」オープニング
19
6
Starry Wish
水瀬いのり
K
20161109
2
MXTV他「ViVid Strike!」エンディング
20

宇宙の彼方で
森口博子
K
20161116
1
映画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」主題歌

2016年11月28日付 Billboard Japan Hot Overseas

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
1
24K・マジック
ブルーノ・マーズ
WMJ
20161118
7
2
15
ボディ・ムーヴズ
DNCE
UI
20161118
6
3
2
クローサー feat.ホールジー
チェインスモーカーズ
SMJI
20160729
14
4
5
ドント・ワナ・ノウ feat.ケンドリック・ラマー
マルーン5
UI
20161012
6
5
4
アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー
スティング
UI
20161111
8
6
3
パーフェクト・イリュージョン
レディー・ガガ
UI
20161021
11
7
6
フェイス feat.アリアナ・グランデ
スティーヴィー・ワンダー
UM
20161104
2
8

ソング・フォー・ユー
レオン・ラッセル
UM
20160127
1
9
7
シャウト・アウト・トゥ・マイ・エックス~完全ふっ切れ宣言~
リトル・ミックス
SMJI
20161123
5
10
16
ロッカバイ feat.ショーン・ポール & アン・マリー
クリーン・バンディット
WMJ
20161021
2
11

ライフ・ゴーズ・オン
ファーギー
UI
20161111
1
12
10
ハッピー
ファレル・ウィリアムス
SMJI
20140430
113
13
12
セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー
ジェイムス・アーサー
SMJI
20161101
2
14
14
ジーズ・ワーズ
レモン・ツイッグス
HSE
20161116
2
15
8
ブレンデッド・ファミリー feat.エイサップ・ロッキー
アリシア・キーズ
SMJI
20161104
5
16

シュガー
マルーン5
UI
20140903
76
17
13
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
マーク・ロンソン
SMJI
20150304
78
18
9
ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール
ボン・ジョヴィ
UI
20161104
5
19
7
サイド・トゥ・サイド feat.ニッキー・ミナージュ
アリアナ・グランデ
UI
20160520
7
20
18
シー・ユー・アゲイン
ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
WMJ
20150408
77

RADIO ON AIR DATA 11/14〜11/20 TOP5

順位
曲名
アーティスト名
1
君への手紙
桑田 佳祐
2
Promise you
THE BEAT GARDEN
3
24K・マジック
ブルーノ・マーズ
4

星野 源
5
ハッピーエンド
back number

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard JAPANhttp://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。