ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スターリンからの「ありがた迷惑」な贈り物 / ワルシャワにもあった負の遺産

DATE:
  • ガジェット通信を≫

main-lightup

第二次世界大戦の爪痕や占領された過去をぬきに、ポーランドを語るのは難しい。しかし終戦から70年以上の時を経て、首都ワルシャワ(Warszawa)は、旧市街を中心に多くの人が訪れる大都市へ生まれ変わった。だが実はこの街にはひとつ、現地人も顔をしかめる“異質”な観光スポットがある。

・かなしいほど煌びやかな名所
メトロやトラムの路線が交差するワルシャワ市街中心地。ここにそびえる地上30階、高さ124mの展望台からはワルシャワを眼下に望めるのだが、このスポットを、旅人のわれわれに現地の人たちは決して「行ってみな」とは勧めないだろう。

高層ビルもさほどなく、情趣のある建築が多いワルシャワの街並みにおいて、この「文化科学宮殿(Pałac Kultury i Nauki/パーワツ・クルトゥールィ・イ・ナウーキ)」ずば抜けて大きい。さらに夜には小林●子級にライトアップされるのだが、周辺の建物のほのかな明りを打ち消すかのようなネオンが灯る。なぜこんなにもバランスが悪いのか。

lightup3
lightup1
%e7%9c%ba%e6%9c%9b
%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc

・ポーランドを支配下においたソ連のスターリンが構想
実はこの建物にはかなしき来歴がある。4年間にわたる建設期間をへて、1956年に完成した「文化科学宮殿」は、当時のソ連の最高指導者スターリンの命によって建てられたものなのだ。

1945年から44年間、事実上ポーランドはソ連に主権をにぎられた“衛星国”だった。そのための共産主義カラーが全面に出た「文化科学宮殿」建立に対し、嫌悪感をもつポーランド人も少なくなかったそうだが、いかんせんポーランドには拒否権はなかったので、ここも問答無用につくられた。スターリンによる、独我唯尊型のランドマークである。

0-2
end-starline

・ポーランド人にとっては第二の負の遺産?
「文化科学宮殿」の話を聞こうと、筆者が道行く人3・4人に問いかけても“That high tower…”“The light-up buiding…”とその名を呼ばない。ワルシャワ観光局が公式地図にて推奨する、見どころを巡るコースにも含まれていない。地図上には建物のイラストがあるのみで、件名すら記されていなかった。

ワルシャワを発つ前夜に再度訪れると、やはり強烈な光を発する姿があった。一方、通行人はそのライトアップに目もくれない。救いのない“負”のオーラが「文化科学宮殿」一帯に漂っていた。

もっと詳しく読む: スターリンからの“ありがた迷惑”な贈り物 / ワルシャワにもあった負の遺産(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/11/24/warsaw-worldheritage/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。