ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ティト・ジャクソン初ソロ・アルバムに、西寺郷太とノーナ・リーヴスが友情参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ティト・ジャクソン初ソロ・アルバムに、西寺郷太とノーナ・リーヴスが友情参加

 ジャクソン・ファミリーの次男、ティト・ジャクソンが12月21日に発売する初のソロ・アルバム『TITO TIME』に、ノーナ・リーヴスの西寺郷太が友情参加を果たしていることが明らかとなった。

 ティトと公私共に親交が深い西寺は、ソロ・シンガーとして「We Made It」のリミックス・ヴァージョンに、またノーナ・リーヴスのメンバーとしても「Get It Baby」のリアレンジ・ヴァージョンに参加している。ジャクソン5から現在までティトが歩んできた歴史と、「We Made It」の詞世界をギュッと凝縮した西寺のメロディアスなラップ、ノーナ・リーヴスの’90アシッド・ジャズ・テイストあふれるアレンジと生演奏は必聴だ。

 ちなみにティトは、2013年の来日時にノーナ・リーヴスのクリスマスライブ【ノーナとHiPPY CHRiSTMAS】に飛び入りで出演を果たしたり、2014年に西寺が初ソロ・アルバム『Temple St.』をリリースした際にはギターとコーラスで友情参加、PVにも出演している。

西寺郷太のコメント
1984年。僕が10歳の夏、初めて買ったLPレコードが、ジャクソンズの名盤『VICTORY』でした。6人の兄弟すべてがリード・ヴォーカルをとるそのアルバムを僕は寝ても覚めても聴きまくり、人生が変わりました。
少年だったジャクソン5が1960年代半ばに本格的に活動を始めて50年以上、80年代の「VICTORY」からも30年以上の日々が経った今、63歳のティトがこんなにフレッシュでモダンなアルバムをリリースしてくれること、本当に感動しています。でも考えたら、素晴らしいのは当然なんですよね。ティトはマイケルにとって青年期まで作曲のパートナー。彼ら兄弟は、幼い頃から厳しい訓練を積み重ね、ジェイムス・ブラウンら伝説的アーティストのステージを生で体験してきたサラブレッドです。楽曲制作やプロデュースの面でも初期はベリー・ゴーディ・ジュニアに師事し、70年代中盤はフィラデルフィアで全盛期のギャンブル&ハフから直々に教わっています。特にギタリストだったティトは、ミュージシャンとしてそれら各レーベルの先輩達から多大な影響を受けて来ました。ティトは、ファレルやダフトパンクやマーク・ロンソン、ディアンジェロに代表される僕らの世代が憧れてきた歴史的現場にすべて直接当事者として関わっているんです。
今回のアルバム『ティト・タイム』は、デビューが15歳だったティトだからこそ、起こり得た奇跡のような音楽だと僕は思ってます。若い世代のプロデューサー達と手を組み、国境を越えて制作された記念すべき大切な作品に西寺郷太としても、ノーナ・リーヴスとしても参加できて光栄でした

◎リリース情報
『TITO TIME|ティト・タイム』
2016/12/21 RELEASE
SICX-30005 2,400円(tax out.)

<収録曲>
01. Get It Baby featuring Big Daddy Kane
02. When The Magic Happens duet with Jocelyn Brown
03. Put It On Me
04. We Made It
05. One Way Street
06. So Far So Good featuring 3T
07. On My Way Home
08. Jammer Street featuring 3T
09. She Gotta Go
10. Not Afraid featuring ROO
11. Cruisin’ featuring Betty Wright

ボーナストラック
12. T.I.T.O. Love
13. I Ain’t Goin’ Nowhere featuring 3T
14. Home Is Where The Heart Is
15. Get It Baby (NONA REEVES REMIX)
16. We Made It (REMIX) featuring GOTA NISHIDERA

Photo: Taj Jackson(ティト・ジャクソン)
高村佳典(ノーナ・リーヴス)

関連記事リンク(外部サイト)

ジャクソン・ファミリー“最初”で“最後”の男、ティト・ジャクソンがソロ・デビュー・アルバム発売
ブルーノ・マーズ、ツアー・チケット発売開始から24時間で売上100万枚突破&追加日程発表
ウィルコ、オランダのオルゴール博物館で最新作から2曲を披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。