ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもを「辞書ぎらい」にさせない工夫満載の国語辞典が登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

本を読んでいて、知らない言葉に出会ったとき、辞書を引くことができる。

子どものころ、こうした習慣を身につけているかどうかで、その人のその後の読書生活や語彙量はかなり違ってくるでしょう。

だからこそ、幼い頃からの「辞書体験」は重要です。

学研プラスから刊行されている『新レインボー はじめて国語辞典』(金田一 秀穂監修)は注目すべき一冊。子どもが辞書ぎらいにならないための工夫が随所に散りばめられているからです。

例えば、そのページに載っている言葉がひと目でわかるという「ことばのテーブル」は、言葉が探しやすくなり、国語辞典のしくみを理解する助けにもなるのだそう。

また、読みやすさを重視したレイアウトやイラストや写真は、これまでの「辞書」のイメージを大きく変えるものになっています。

子ども時代、辞書を引くのが面倒くさくてイヤだったというお父さん・お母さんも楽しめるはずです。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「怒りの専門家」が実践する イライラしたときの対処法

「何でも知っているかのようなリアクション」は即、改めよ 面白味のない男の特徴

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP