ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

壊れたプリンターが売れる!?ラッキーな高価買取情報を伝授

  • ガジェット通信を≫

壊れたプリンターが買取してもらえる、こんな話を聞いたことはありませんか?通常、壊れた場合は一番に処分することを考えてしまいがちですが、プリンターのモデルによっては意外な買取り金額がつくこともあるんです。今、処分を考えているという方に、壊れたプリンターを買取してもらう方法を詳しくご紹介します。

壊れたプリンターどうしていますか?

壊れてしまったプリンター。新しいモデルを購入すると処分するタイミングを掴めず、そのまま家に放置してしまっていませんか?もしかすると、買取してもらえるチャンスがまだあるかもしれません。壊れたプリンターをまだ持っているという方に、おすすめの買取店のご紹介と、万が一買取値がつかなかった時の処分方法についても伝授したいと思います。

なぜ壊れたプリンターは買取してもらえるのか

通常、家電が壊れると処分することを第一に考えるでしょう。ところが、壊れたプリンターは買取してもらえるんです。なぜもう使えないプリンターが買取してもらえるのでしょうか?

まずひとつめの理由としては、壊れたプリンターを修理する環境が整っており、壊れたプリンターでも買取後に修理すれば、また中古品として販売できる設備が整っているお店があること。他にも、プリンターを分解して内部に組み込んであるレアメタルを回収することで、買取が実現しているケースもあります。

そういったプリンターを買取してくれる店が全国規模で見ても非常に少ないものの、実際に存在するので、買取価格の相場と買取店をご紹介していきたいと思います。

壊れたプリンターの買取価格をご紹介

(※いずれも2016/11/23時点の買取価格)

EPSON

だいたい2005年より以前に製造されたプリンターは価格がつかないことが多いのがEPSONの特徴です。修理環境が整う店では、最新モデルのみ高価買取してもらえることもあります。
買取価格は100~2,000円

Canon

DRシリーズのみが基本的に買取価格がつきます。その他のモデルは買取価格がつかないか、もしくは100円以下の買取価格になることが多め。
買取価格は100~2,800円

HP

ここ数年で販売されていたモデルで、A1サイズ、A0サイズと大きなサイズが印刷できるタイプであれば、買取価格がつきやすいのがHP。
買取価格は100~4,000円

壊れたプリンターを買取してくれる業者3社ご紹介

ハードオフ


ハードオフのホームページへ

特徴
全国的に中古品の買取店として良く知られるお店、ハードオフ。実は壊れたプリンターも買取してもらえます。特にメーカーや状態は決まっておらず、買取してもらうのには非常におすすめ。宅配買取を利用すれば、送料無料で利用可能。万が一価格がつかない場合でも、リサイクル手数料がかかるようであれば処分するよりお得に。

査定方法:メール査定、LINE査定、電話査定
買取方法:宅配買取、出張買取(場所により異なる)、店頭買取(全国各地に店舗あり)

ビリケン堂


ビリケン堂のホームページへ

特徴
大阪府和泉市に実店舗を持つビリケン堂。家電、楽器など不用品や故障品であればさまざまなアイテムを買取してくれるお店で、プリンターに限らずどんな品物でもまとめて引き取ってもらうのにおすすめのお店です。こちらのお店も宅配買取を利用した際は送料無料で買取可能なので、査定金額になってもならなくてもお得です。唯一プリンターの買取価格をホームページに載せているので、ぜひ確認を。

査定方法:メール査定、LINE査定、電話査定
買取方法:宅配買取、出張買取(場所により異なる)、店頭買取(大阪府和泉市池田下町)

買取大王


買取大王のホームページへ

特徴
兵庫県神戸市に実店舗を持つ、買取大王。特定のアイテムであれば、壊れたものでも買取を行っており、プリンターも買取の対象に入っています。故障していても、できるだけ見た目の状態が良く、綺麗なものであれば、より買取価格がつく可能性のあるお店。まずはいくらくらいで買取ってもらえるのか問い合わせてみるのもいいでしょう。

査定方法:メール査定、LINE査定、電話査定
買取方法:宅配買取、店頭買取(神戸市中央区北長狭通)

壊れたプリンターの査定基準とは


例え壊れていても

壊れているプリンターとはいっても、状態は人によって異なります。見た目が大きく破損しているものよりは、動作不良を起こしてしまうだけの見た目が綺麗なプリンターの方が、買取金額はつきやすい傾向があります。

価格がつきやすい特徴

壊れていても、価格がつきやすいプリンターの特徴といえば最新モデルであることです。修理を行い、また中古品として復活すれば、買取手が見つかりやすいからです。他にも、印刷サイズが大きなモデルも買取価格がつきやすいという特徴があります。

売る前にチェックしておきたいこと


保証期間内ではないかどうか

動かなくなったからと処分や買取を考えていたプリンター。実は保証期間内ではありませんか?購入から約1ヵ月以内であれば初期不良として、購入店に相談すれば取り換えてもらえることもあります。1年以内であれば、メーカー保証として修理をしてくれることも。

故障の状態により、初期不良扱いになるかどうかの判断は変わってきますが、普通に使っていて急に動かなくなったのが購入から1年以内。そして保証書も揃っている状態であれば購入店かメーカーに相談してみましょう。

買取店を選ぶときに注意

買取店を選ぶときに、一番注意しておきたいことといえば、万が一買取価格がつかなかった時に、リサイクル手数料や処分費用がかからないかどうかです。

買取店のホームページに書かれていなかったり、見落としていた後に取引を実際に行うタイミングで、手数料がかかることが発覚。トラブルになるといったケースが増えています。売れなかった時のことも考えて、先に手数料のことも問い合わせておきましょう。

売れない場合の処分方法


無料であればそのまま引き取ってもらう

買取店に査定をしてもらい、価格はつかないけれど、処分手数料は無料ですと言われたら、そのまま引き取ってもらうのがおすすめです。手間がかからない他、自分で処分をするとリサイクル手数料がかかる地域ではお得であるからです。

最終的にはリサイクル処分をする

買取店の処分手数料が思いのほか高かった。そんな時は、リサイクル処分しましょう。処分方法は地方自治体によって判断が異なるため、規定に従ってください。

→全国自治体マップ検索のページへ

壊れたプリンターは早めに買取を!

いくら壊れていても、まだ最新型だと判断されるモデルであれば、意外と買取値がつくこともあります。動かないからと家でずっと眠らせておくよりは、早めに買取ってもらうことをおすすめします。最近は家電の処分をする際に手数料がかかる自治体が増えているので、買取店で引き取ってもらう方がいいか、自治体の規定に従う方がいいかは、最終的には手間と価格で判断するといいでしょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP