体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美食の国を満喫!ベルギー定番料理とブリュッセルのおすすめレストラン5選

美食の国を満喫!ベルギー定番料理とブリュッセルのおすすめレストラン5選
Photo credit:JPS68 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:JPS68 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

こんにちは。Compathy Magazineのエターナルライスです。
ベルギーは南をフランス、北をオランダ、東をドイツに囲まれた、西ヨーロッパの1国。首都のブリュッセルをはじめ、歴史的な街並みを残す観光スポットが多くある人気の観光地としても知られています。
そんなベルギーの料理と聞くと、チョコレートやワッフルなどのスイーツを思い浮かべる方も少なくないかもしれません。しかしベルギーは首都のブリュッセルをはじめ、フランス料理などから発展したさまざまなグルメを楽しめる美食の国としても知られています。

今回は、ベルギーの定番人気料理と、その料理が食べられるブリュッセルのおすすめレストランについて紹介します。

ベルギー料理の特徴:フランス料理をベースに独自の発展をしたレシピの数々

ベルギーの郷土料理は伝統的なフランス料理を基礎としており、特にバターやクリームで煮込む料理が多いなど、フランス北部の料理と似ています。ベルギーでは日常的に肉料理がよく食べられていますが、北海に面しているため、ムール貝をはじめとした新鮮な魚介類を使用した料理も人気を集めています。

ベルギーはブドウの栽培に適さない気候のため、フランスのようにワインの生産が盛んではありません。一方でビールの種類が豊富にあるので、ビールを使った煮込み料理がベルギー独自の料理として発展しました。
ビールを使って煮込むことで、肉が柔らかくなり、独特の臭みも消えるといった効果があると言われています。ベルギーを訪れる際は、ビールとの相性抜群の料理の数々にぜひ挑戦してみましょう。

ベルギーの有名料理とおすすめレストラン5選

 

1.ムール貝:ベルギーの代表的な名物料理

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

海に面したベルギーの代表的な料理として有名なのが、ムール貝を使った料理。特に白ワインと一緒に蒸し焼きするレシピが最もポピュラーな食べ方です。
ムール貝はバケツへ豪快に盛り付けられた状態で提供されるお店も多く、数人でシェアしながら食べると良いでしょう。またフリッツと呼ばれるフライドポテトも付け合せメニューとして人気です。

シェ・レオン(Chez Léon)
Provided by

Provided by foursquare-icon-16x16
1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。