ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性店主がこだわり抜いた極うまメニューの繁盛店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月22日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、女性店主がこだわり抜いた、魅惑の激ウマメニューを特集したコーナーで、香山ひとみさんが「とろ肉つけ麺・魚とん」(東京都千代田区)を訪れた。同店は都営新宿線小川町駅から徒歩2分ほどにある、豚と魚をミックスしたようなシルエットがある看板のお店。

「とろ肉つけ麺」(900円/税込み)は、麺の上に覆い隠すように大きな豚バラ肉がのった魚介スープのつけ麺だ。お店自慢のとろ肉は、40kgの豚バラ肉の塊を、ニンニク、タマネギ、ショウガ、長ネギを加え、煮崩れる寸前まで弱火で約13時間も煮込んだもので、箸で簡単にほぐせる柔らかさだ。魚介のつけ汁は隠し味にナンプラー、ケインビネガーを加えて最後に煮干しを入れ、仕上げにモンゴル産の岩塩と長ねぎを入れる事で風味を出している。濃厚で複雑な旨味のつけ汁を纏う麺は太麺で、食べ応えのある1品となっている。
豚バラ肉と共に麺をいただいた香山ひとみさんは「とろ肉とこの魚介のダシとっても合いますね!このつけダレでは魚介の香りを十分に楽しむことができて、このとろ肉豚のうま味、ガツンときますね。チャーシューではなくとろ肉という名前が合う柔らかさです。はまる。おいしい」と大絶賛だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:魚とん (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:神田のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:神田×ラーメン・つけ麺のお店一覧
油の旨味が濃厚になった八戸前沖さばの味噌じめ
優しい甘さの真っ黒なダシで食べる「さばしゃぶ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP