ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】レイ・シュリマーが2週目の首位、アリアナ&ニッキーのコラボがTOP5入り

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】レイ・シュリマーが2週目の首位、アリアナ&ニッキーのコラボがTOP5入り

 ラップ・デュオ、レイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ feat.グッチ・メイン」が、2週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 先週、前週の9位から一気に首位へ浮上し、自身初のNo.1獲得を果たした、レイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ」。今週、さらにポイントを伸ばして2週目の首位を獲得した理由として、ビートルズのメンバーであるポール・マッカートニーが、この曲を使用して、大流行中の「マネキン・チャレンジ」動画をツイッターに投稿したことが挙げられる。この影響により、ミュージック・ビデオの視聴回数は、間もなく1億視聴回数を突破、主にはストリーミング・ポイントがヒットの要因といえるだろう。

 11月18日に自身3作目となるスタジオ・アルバム『24K・カラット』をリリースしたブルーノ・マーズの「24K・カラット」(先行シングル)は、今週も6位に停滞中だが、次週はアルバムのリリース週(集計期間)ということもあり、テレビ番組の出演や、11月20日に開催された【アメリカン・ミュージック・アワード2016】のパフォーマンス効果を受け、ランクアップすることが予想される。

 同アワードでは、今週4位へ最高位を更新した、アリアナ・グランデとニッキー・ミナージュの「サイド・トゥ・サイド」のパフォーマンスも披露され、アリアナは<アーティスト・オブ・ザ・イヤー>に選ばれるなど、大活躍をみせた。次週、TOP3入りは間違いなさそうで、この曲で、シングルとしてはアリアナ初のNo.1獲得を果たすことができるかもしれない。

 【アメリカン・ミュージック・アワード2016】のパフォーマンスでは、その他にマルーン5が今週10位の「ドント・ワナ・ノウ」を、トゥエンティ・ワン・パイロッツが今週5位の「ヒーゼンス」を披露していて、これらの曲も、次週ポイントを伸ばすことが予想される。

 そして、アワード中盤に登場したザ・ウィークエンドは、3位に停滞中の「スターボーイ」を歌い、11月25日にリリースされる3rdアルバム『スターボーイ』のプロモーションに繋げた。この曲も、ライブやアルバムのリリース・プロモーションなどを受け、今後さらに上位へ食い込むことが期待できそうだ。

 昨年、デビュー曲「ヒアー」がソング・チャート最高位5位、ポップ・チャートでは首位をマークする華々しいデビューを飾った、アレッシア・カーラの新曲「スカーズ・トゥ・ユア・ビューティフル」が、先週の22位から17位へランクアップし、自身2曲目のTOP20入りを果たした。デビュー作『ノウ・イット・オール』からの3rdシングルとしてカットされ、カナダでは15位、スウェーデンでは10位に、各国で順調に順位を伸ばしている。アレッシアは、【アメリカン・ミュージック・アワード2016】で<最優秀新人賞>にノミネートされていたが、残念ながら受賞は逃した。<新人賞>は、元ワン・ダイレクションのゼイン・マリクが受賞している。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、23日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ブラック・ビートルズ」レイ・シュリマー feat.グッチ・メイン
2位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
3位「スターボーイ」ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク
4位「サイド・トゥ・サイド」アリアナ・グランデ feat.ニッキー・ミナージュ
5位「ヒーゼンズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ
6位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
7位「レット・ミー・ラブ・ユー」DJスネーク feat.ジャスティン・ビーバー
8位「ジュジュ・オン・ダット・ビート」ゼイ・ヒルフィガー&ゼイオン・マッコール
9位「ブロッコリー」D.R.A.M.
10位「ドント・ワナ・ノウ」マルーン5 feat.ケンドリック・ラマー

関連記事リンク(外部サイト)

12月3日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
12月3日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
自身初の全米1位をマークしたレイ・シュリマー&敏腕プロデューサーが喜びを語る「想像できなかったし、夢にも思っていなかった」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。