ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青野美沙稀 リリースパーティでハイブリッド・ロカビリー披露、伝説級ベテランらも圧巻アクトで後押し

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本日11月23日にミニアルバム『1959 ~Magical Rockabilly Night~』をリリースする新時代のロカビリーシンガー 青野美沙稀(あおのみさき)が、前日22日に原宿アストロホールでリリースパーティを開催。日本のロカビリーはじまりの地ともいえる原宿を舞台に、元MAGICの上澤津孝、デビュー25週年を迎えたロカビリーバンド SIDE-ONEという強烈な共演陣とライブを行った。

その他 画像一覧

<新人のリリースパーティながら伝説級の面々が集結>

 80年代にロカビリーバンド BLACK CATSのメンバーとしてデビューし、90年代にはMAGIC、その後も数々のバンドメンバーとして、時に裏方としてシーンを牽引、支えてきた久米浩司を父にもつ青野美沙稀 。ロカビリーのDNAを受け継いだ彼女が、若い世代にもロカビリーの楽しさを伝えるべく大阪を拠点に活動しているCHICKEN THE SUNをサポートバンドに、伝説級の大先輩たちとのステージに挑む。その注目度は計り知れないものがあり、当公演のチケットは早々に完売。会場にはかつてを知る年配の方から現役バリバリの若者まで、ロカビリーを愛する面々が一堂に会した。

 今夏にアルバム『琉球グラフィティ』をリリースして6年ぶりに音楽シーンに戻ってきた上澤津孝は、淡いピンクのスーツ姿で1番手としてステージへ。上記最新作の収録曲もそこそこに、「やっぱり今日はMAGICの曲をやらなきゃマズいだろう」といたずらっぽく笑うと、中盤には同じく元メンバーの山口憲一(g)と谷田部憲昭(b)をサプライズゲストとして招き、「天使のジェラシー」「さらば青春の光」とMAGIC初期の名曲を披露。会場に集まった往年のファンから歓喜の声が上がるアクトでトップバッターながら並々ならぬ熱気を生み出した。

<青野美沙稀はハイブリッド・ロカビリーで魅了、「なんてやりたい放題なんだろう」>

 そんな大先輩のスペシャルなステージを受けて登場したのが、この日の主役 青野美沙稀だ。先んじてステージに上がったDJ No.2がスピンさせた『1959 ~Magical Rockabilly Night~』 の1曲目「Midnight of trip」のイントロをBGMに、CHICKEN THE SUNが登場してそのまま生演奏へ以降。そして猫の鳴き声を合図に、モノトーンのボーリングシャツに真紅のバンダナが映える青野美沙稀が踊りながら姿を現し、挑発的な笑みを浮かべながらムードあるメロディを、指先でなぞるように妖艶に歌い始めていった。

 布袋寅泰の代表曲カバー「バンビーナ」では小粋なダンスも見せると、「今日はすごく楽しみにしてきました!」と笑顔を弾けさせる彼女。さすがに若干の緊張は隠せなかったが、会場からの熱い声援に後押しされたところもあってか、続くオリジナル曲「ガールズ狂想曲」「sweet drive」ではより振り切ったアクトを披露。バンドとDJのサウンドが融合したハイブリッドなロカビリースタイルを見せ付けていくと、彼女の残り2曲という言葉に「朝まで演って!」 と物足りなさを嘆く声が方々から上がっていたのが印象的だ。

 その後はレベッカ「フレンズ」のロカビリーカバーから屈指のバラード「Love Forever」までを見事に歌い上げると、2番手の出演ながらまさかのアンコールが沸き起こる事態に。「なんてやりたい放題なんだろう」と苦笑いしながら再登場した青野美沙稀は、再び「バンビーナ」で会場を熱く盛り上げ、笑顔でステージを去っていった。

<来年にはアンコール公演に加えて、早くも全国ツアー決定>

 さらにこの日のトリ SIDE-ONEのアクトが凄まじく、ロカビリーの真髄ともいうべき轟音がほとばしるアクトと、キャリアに裏づけされた巧みな煽りで会場はこの日一番の熱気に。その上、終盤にはこの日の出演陣に加えて青野美沙稀の父 久米浩司をも壇上に招き入れてしまう不敵な一幕もと、イベントを締めくくるに相応しい痛快すぎるステージで、シーンの未来を担うであろう新たな才能の記念すべき一日に花を添えた。

 なお、当公演は前述通りソールドアウトとなっていたため、来年1月28日にアンコール公演を東京 青山RizMにて行うことが決定。さらに青野美沙稀は、2月より全国ツアーを開催することも明らかに。現在は埼玉、宮城、富山、大阪、群馬、広島での公演が発表となっているが、12月10日には他のエリアや詳細についても発表されるという。

カメラマン:菊地英二

◎ミニアルバム『ミニアルバム『1959 ~Magical Rockabilly Night~』』
2016/11/23 RELEASE
POCS-1519 1800円+税

◎【青野美沙稀リリースパーティー「1959 ~Magical Rockabilly Night~」アンコール!】
2017年1月28日(土) 東京 青山RizM
出演:青野美沙稀、SIDE-ONE、CHICKEN THE SUN(オープニングアクト)
OPEN 18:00 / START 18:30

◎【青野美沙稀 Magical Rockabilly Night Tour 2017】
[第1弾発表エリア]
2017年2月11日(土) 埼玉
2017年2月25日(土) 仙台
2017年3月4日(土) 富山
2017年3月9日(木) 大阪
2017年3月17日(金) 群馬
2017年3月23日(木) 広島
※その他のエリアや、詳細情報については12月10日にオフィシャルHPにて公開

関連記事リンク(外部サイト)

青野美沙稀×上澤津孝 ミニアルバム『1959 ~Magical Rockabilly Night~』リリース記念対談
AKB48「ハイテンション」143.8万枚を売り上げ、JAPAN HOT100総合首位獲得
ピコ太郎「PPAP」が3度目となる米ビルボードへのチャートイン達成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP