ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】ブルーノ・マーズ「24K・マジック」が6度目の洋楽チャート首位に、先日逝去したレオン・ラッセルの代表曲が8位に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”は、ブルーノ・マーズの「24K・マジック」が2位以下を大きく引き離し、6週目の首位を獲得した。

 強さの秘訣は、圧倒的な高さを誇るラジオポイント。さらにダウンロード、Twitter、YouTubeとまんべんなくポイントを積み上げ、首位をキープした。2位は、先週の15位から大きくジャンプアップしたDNCE「ボディ・ムーヴズ」が獲得。こちらも、「24K・マジック」に次ぐラジオポイントの高さで、ほぼラジオポイントのみで2位に着けている。

 続く3位は、今週で14回目のチャートインとなるチェインスモーカーズの「クローサー feat.ホールジー」が獲得。本作は、動画再生数、ダウンロード数がともに1位で、全米ソングチャートでも、16回目のチャートインで2位を獲得するなど、世界的なヒットが続いている。その他、8位には11月14日に74歳で惜しくもこの世を去ったレオン・ラッセルの「ソング・フォー・ユー」チャートイン。本作は、1970年にリリースされたアルバム『レオン・ラッセル』に収録されているレオン・ラッセルの代表曲。カーペンターズ、レイ・チャールズ、アレサ・フランクリン、ハービー・ハンコックらがカバーするなど、多くのミュージシャンに影響を与えた作品だ。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
2位「ボディ・ムーヴズ」DNCE
3位「クローサー feat.ホールジー」チェインスモーカーズ
4位「ドント・ワナ・ノウ feat.ケンドリック・ラマー」マルーン5
5位「アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー」スティング
6位「パーフェクト・イリュージョン」レディー・ガガ
7位「フェイス feat.アリアナ・グランデ」スティーヴィー・ワンダー
8位「ソング・フォー・ユー」レオン・ラッセル
9位「シャウト・アウト・トゥ・マイ・エックス~完全ふっ切れ宣言~」リトル・ミックス
10位「ロッカバイ feat.ショーン・ポール & アン・マリー」クリーン・バンディット

関連記事リンク(外部サイト)

2016年11月28日付 Billboard JAPAN Hot Overseas
ブルーノ・マーズ、多才っぷりを改めて見せつけられる『24K・マジック』
ブルーノ・マーズ 縦型PVでファッション動画マガジン『MINE』をジャック

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP