ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】新垣隆の新作交響曲『連祷 -Litany-』、ニューリリースで第1位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】新垣隆の新作交響曲『連祷 -Litany-』、ニューリリースで第1位

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは『新垣隆:交響曲≪連祷≫ -Litany- ピアノ協奏曲≪新生≫/流るる翠碧』が第1位。演奏は東京室内管弦楽団。話題となった交響曲第1番「HIROSHIMA」以来、13年振りの交響曲作品で、Deccaからの世界配信が注目されている。札幌での「新垣隆展」をはじめ、収録曲を含んだ演奏会やリリース記念イベントが予定されており、今後もチャートインが期待できそうだ。

 第2位には村治佳織の5年ぶりの新録音『ラプソディー・ジャパン』がチャートイン。4週連続での1位はならずだが、今週も3位以下を大きく引き離しての2位となり、好評ぶりがうかがえる。10月末以降ラジオ・テレビへの出演が連続しており、今後もメディア出演やステージ出演を控え、上位チャートインの記録更新が期待される。

 第4位には来日ツアー中のファジル・サイ、2年振りの新録音『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』がチャートイン。11月17日はアルバム同様オール・モーツァルト・プログラムでのソロコンサートを行っており、「トルコ行進曲」などのクラシックを題材にしたオリジナル・ジャズ作品での鬼才ぶりも健在だ。コンサートの好評ぶりが伝わるチャートインとなった。text:yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位『新垣隆:交響曲《連祷》-Litany-』新垣隆
2位『ラプソディー・ジャパン』村治佳織
3位『0歳からの育脳クラシック』
4位『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』ファジル・サイ
5位『モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番、ピアノ協奏曲第23番』田部京子
6位『リスト』反田恭平
7位『ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125「合唱」』ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
8位『THE BEST』辻井伸行
9位『100曲クラシックベストが10枚3000円』
10位『MESSAGE』藤澤ノリマサ

関連記事リンク(外部サイト)

新垣隆、世界デビューCD発売記念でトーク&上映会開催
新垣隆がデッカよりリリース&世界配信、「もう一度オーケストラ曲を書かなければいけないと思った。私自身の名で」
佐村河内守のドキュメンタリー映画『FAKE』上映会&森達也監督×バクシーシ山下監督トークショー開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。