体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニーとピクサーによる映画『Cars 3(原題)』、初トレーラーを公開

米ウォルト・ディズニーとピクサーによるアニメ映画『Cars 3(原題)』の初トレーラーで、ライトニング・マックィーンの大きなクラッシュを含め、多くのレーシング・アクションが公開された。

11月21日(現地時間)に公開された45秒のティザーは、主にレースカーの目線からの構図で、マックィーンの95番が部品と破片のかけらを飛散しながらレース場を横転している様子が映し出された。そして「この瞬間から、すべてが変わる」というメッセージが表示される。

シリーズ1作目のアニメ映画『カーズ』は2006年に全世界で4億6220万ドルの興行収入を記録し、第79回アカデミー賞にノミネートされた。次いで2011年に公開されたアニメ映画『カーズ2』も興行収入5億6210万ドルを記録したが、オスカーに選出されなかった初のピクサー映画となった。

シリーズ3作目となる最新作は、オーウェン・ウィルソンが声を演じるマックィーンにフォーカスし、新世代のレーサーたちに対抗するため、テクニックに長けた新しい友人のクルーズ・ラミレスに協力を求める。メーター(ラリー・ザ・ケイブル・ガイが声を演じる)、サリー(ボニー・ハントが声を演じる)、ラモーン(チーチ・マリンが声を演じる)が再び戻ってくるようだ。

ディズニーは2013年に『Cars 3(原題)』の製作について明らかにし、1年前に複数の作品の公開日を一斉に公表した際、2017年夏に公開するとしていた。

前2作品のストーリーボード・アーティストを務めたブライアン・フィーが監督する。『Cars 3(原題)』は2017年6月16日に米劇場公開される。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。