ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

過酷すぎる23日間!世界大会に出発するミス・ワールド日本代表を激励!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界3大ミスコンテストのなかでも、65年という最も長い歴史をもつ“ミス・ワールド”。その2016年ミス・ワールド日本代表がいよいよ世界大会にむけて出発します。

 

ミス・ワールド2016世界大会は、11月26日から12月18日まで、アメリカ合衆国のワシントンDCでおこなわれ、世界各国から集ったミス・ワールド達が、グランドファイナルにむけて美を競い合い頂点を目指します。

 

その栄えある2016年度ミス・ワールド日本代表、吉川プリアンカさんの壮行会とあって、会場の『B&B ITALIA Showroom』(港区青山)には、関係者などをはじめ大勢の方が集まり華やかな雰囲気。吉川さんを祝福、激励しました。

たった独りで戦う

20日以上も開催されるミス・ワールド2016世界大会ですが、その間、個人的なマネージャーやコーディネーターは付きません。ミス・ワールド代表は、健康やスケジュール、衣装の管理など、全てを独りで行うそうです。

 

日本を出発する時には、ドレス・アクセサリー、靴などが入った大型トランクが5つ以上にも!それらを、たった独りでさばいて現地入りし23日間、笑顔と健康を絶やさず、協調性を保ちながら過ごすって……脱帽。

 

なるほど、ミス・ワールド代表は、容姿だけでは選出されないのが理解できます。まさに知力・体力そして根性! 精神的に強くないと世界を相手に戦うことは出来ませんよね…パーティ会場にいた関係者の方が「ミスは、自ら輝くことができなければダメ」と話されているのを小耳にはさみましたが、納得です。

トロフィーが重いんです…

さて、壮行会ではミス・ワールド2016、日本代表審査員特別賞および、準ミス・ワールド、ミス・ワールドの方々が勢ぞろいし、あらためてトロフィーを受け取りました。各賞の受賞挨拶と共に、皆、吉川さんにエールを送ります。

 

※吉川さんが「プリちゃん!」と呼ばれているのが印象的でした。

 

マガジンサミットでも、コラムやインタビュアーとしてお世話になっている2104年・2015年の準ミスグランプリ、吉岡仁美さんもフルートの演奏で吉川さんを応援!

 

※吉岡さんはミス・ワールド・ジャパン・オーケストラのメンバーでも活躍。バイオリンは、2015年度ミスワールド日本ファイナリスト(タレント賞)の大庭絃子さん。高嶋ちさこさん率いる12のバイオリニストのメンバーです! 

 

エールを受けて吉川さんは「トロフィーが重いんです。日本大会の時には、緊張と驚きで感じませんでしたが、今、改めて手渡されるとズッシリきます。この重さをしっかりと受け止めて、世界大会に臨みたいです」と挨拶。

 

受賞時には「像使いの免許を持っているインド人とのハーフ美人!」とマスメディアで注目された吉川さんですが、代表に輝いてからは、より日本という国について深く考えるようになったとのこと。そこで、改めて、世界大会を前の意気込みをうかがうと、

 

「日本がどんなに美しくて平和な国であるかを伝えたいです。四季の移ろいがあって自然が豊かで、そして歴史も伝統もある。なによりも人が礼儀正しい。それらを、私ならではの言葉で、多くの方にお伝えするのが使命だと思っています」と話してくださいました。

 

9月5日に日本大会が終わってから2ヶ月以上がたち、吉川さんのオーラはますます眩いばかり!こんなにも素敵な女性ならミス・ワールドグランプリの栄冠を手にできるのでは?という期待も。(しかし、いずれ劣らぬ美女達が131人も集まる世界大会って…どれだけ過酷なの?)

 

※吉川さんと吉岡さんのツーショット。ありがとうございました!

 

最近では、2016年秋クールのドラマ『ドクターX』に出演し、なにかと話題の女優でモデルの田中道子さんも2013年ミス・ワールド日本代表です!さまざまな舞台や世界で活躍するミス・ワールドの皆さんから目が離せませんね!

 


からだにいいこと2016-11-16 発売号 『いつの間にか全身ヤセる「イスの座り方」』
Fujisan.co.jpより

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP