体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロ棋士・羽生善治が語る、AI時代を生き抜くために「身につけるべきスキル」とは?

最大約250人が同時に研修を受講できるトレーニングセンターを開設

2016年10月、日本ビジネスシステムズ(JBS)は最大約250人が同時に研修を受講できるJBSトレーニングセンターを開設。
それを記念して10月31日に、AIに関するセミナーを開催した。

JBSトレーニングセンター

今回のセミナーは特別講演とパネルディスカッションの2部構成。特別講演の講師を務めたのは、プロ棋士の羽生善治氏。
第2部のパネルディスカッションは羽生氏のほか、日本のAI研究の第一人者で東京大学特任教授の中島秀之氏、同じく中島氏と並ぶ日本のAI研究の第一人者であるはこだて未来大学教授の松原仁氏がパネラーとして登壇した。

開演の挨拶を務めたのは、JSBの牧田幸弘社長だ。

日本ビジネスシステムズ株式会社 代表取締役社長 牧田 幸弘氏

「世の中のさまざまな分野で、AIは期待されている技術領域です。今はまさしくあらゆる分野でAIの活用が進んでいくとき。将棋界でもAIが話題となっています。どんな話が展開されるのか、私も楽しみにしています。みなさんも最後までゆっくりお楽しみいただければと思います」

羽生氏の特別講演テーマは「人はどのように伸びるのか」。自身のキャリアから得た知見や考察を交えながら、AIと人間の違いについて語った。

羽生 善治氏
日本のプロ棋士。中学生で棋士となって以来(史上3人目)、さまざまなタイトルを獲得してきました。1996年には七冠を独占、タイトル獲得合計は97期、一般棋戦優勝回数は44回といずれも歴代1位の記録。現在は王位・王座・棋聖のタイトルを持っており、名人、王位、王座、棋王、棋聖、王将の永世称号もすでに取得している。

将棋では直観、読み、大局観で考え、次の手を打つ

取材やインタビューの際、「何手ぐらい先を読むのか」という質問をされます。これはすごく答えづらい質問です。

その理由は数えていないからです。かつて、木村14世名人は「一にらみ2000手」と言われました。誇張があるかもしれませんが、時間をかければ読めなくありません。

でも私はたくさん読むこと自体には価値がないと思っています。ではどうしているかというと、局面を見たときに直観を使っているんです。

将棋の場合は、一つの局面で平均して80通り手があります。その中から直観で2つか3つの手に絞る。残りの78、77の可能性は捨てているのですね。

それはなぜか、時間の制約があるからです。では80手からどういうプロセスから選ぶかというと、これはカメラで写真を撮るときにピントを合わせるのと同様に、中心だと思うところで、これまで自分自身が経験してきたことと照らし合わせて、手を絞っていくんです。

そこから、具体的に読みに入っていく。読んでいくプロセスはあっという間に数の爆発という問題にぶつかります。直観と読みだけで考えを進めたとしても、かけ算で増えていきます。

10手先を直観と読みだけで考えたとしても、3の10乗、6万弱の可能性を考えなければなりまません。9割以上の選択肢を捨てているのに、数が大きくなりすぎて適切な判断ができないようになります。

そのときに使うのが大局観です。今ある現状のところまでの局面を最初から振り返って総括して見るんです。そしてこれから先、どういう方針、戦略でいけばいいのか考えるんです。大局観を使うと、無駄な考えを省略できます。直観、読み、大局観を使って局面を捉えています。

現在、10代から70代、160人の現役棋士がいます。いずれもこの3つを使っていることに変わりはありませんが、年と共にこの3つの比重が変わってきます。10代、20代前半は読みが中心になる。たくさん計算読むことができるからです。

ある程度経験を積むと、それよりも感覚的な判断、つまり直観や大局観を中心に考えていくようになります。これはどちらが優れているということではありません。広く浅く見極める、判断していくというときは大局観が便利ですが、最善の一手にたどり着くには読みと直観が重要になります。

対局は朝の10時に始まり、夜の12時、1時まで続くこともあります。一つの局面で1時間、2時間考えることもある。長く考えると正しい手がさせるわけではありません。先述したように直観と読みと大局観を使うと、30分ぐらいで考えがまとまってくるんです。

Aを選ぶと10手先はこうなる。Bを選ぶというように。そして最終的にAかBかで迷うと、長考になるんです。あとの30分間は堂々巡りをしているんです。私はこれまで1900局ぐらい対戦していますが、4時間弱考えたことがありました。ですが、今振り返ると、5秒でも同じ手を指したと思います。

チェスや将棋、囲碁の世界ではプロを負かすソフトが登場

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。