ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高校生活をゲーセン通いに捧げたお笑い芸人が教えるUFOキャッチャー必勝法

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

以前、元ゲームセンターの店員である「クックロビン」の大井さんがUFOキャッチャーの裏側について教えてくれたのを皆さんは覚えているだろうか。今回は、高校生活をゲーセン通いに捧げたという、サンミュージック所属のお笑いコンビ「ホイップクリーム」の陸斗さんが店員目線ではなく、あくまでも「通い詰めた客の視点」から「UFOキャッチャー」の攻略法を教えてくれた。

月4万×3年

高校1年生の時にUFOキャッチャーにはまったという陸斗さん。徳島県在住だった高校時代は放課後にアルバイトをしていて、1か月で稼いだ4万円を、実家暮らしなので他の使い道がなかった為、その全額をゲームセンターにつぎ込んでいた。そんな生活を3年間ずっと続け、ゲームセンターの中でもUFOキャッチャーにのめり込み続けた陸斗さんは、その時に出会った「めちゃめちゃ上手いおじさん」に伝授してもらった技を特別に我々に教えてくれた。

アームと爪

その攻略法の説明は「中に入ってるのは宝物なんですけど、それが物体である以上は絶対に掴み取れるんですよ」という謎の名言から始まった。「どれだけ低コストで取れるか」ということに重きを置くという陸斗さん。まずこれだけは覚えておいて欲しいことがひとつ。それは、UFOキャッチャーのアームの先端に付いている銀色の「」について、「あれがちゃんと重なっているか否か」を見て欲しい。あれがずれていると、綺麗に掴むことが出来ずに半端な位置に当たってしまい、それに際してアームの力が100%から50%くらいまで一気に減ってしまう。全部の力が伝わらなくなるので、取れなくなってしまう。

次に大切なのが「アームでどうやって掴むか」という部分である。アームが開く可動域を把握していない為、取り逃してしまう人間が多いらしく、陸斗さんは、アームの外側のカーブに注目して欲しいと語った。アームの爪が一番外に開くのが、外のカーブであり、それを見ながらアームを降ろしていき、マックスに開いた時に箱の縁に当たるか否かを確認する。正しい位置に100%の力を加えれば、いつもよりも簡単に持ち上がり、絶対に取ることが出来る。

聞くは一時の恥

ただ、台によって取り方は異なってくる為、初心者のうちは近くにいる店員さんに「これはどうやって取ったらいいんですか」と勇気持って尋ねるが一番だと陸斗さんは言う。陸斗さんのように4年間もずっとやっていたら「この台はこうやって取れるな」というのが経験則で分かってくるのだが、それには時間もお金も掛かってしまう。店員さんは案外優しく「これはこうやったらいいですよ」と教えてくれる為、それを聞いた上で、上記のアームの知識を参考しながら動かしたら、いつもだったら3000円掛かっていたものが、たったの1000円で取れるようになるという。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP