ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Google Castをサポートした機器のブランドを「Chromecast built-in」に変更へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は、テレビやスピーカー製品の中でもワイヤレスストリーミング機能「Google Cast」のレシーバー機能をサポートしたものには、これまでの「Google Cast built-in」ではなく、「Chromecast built-in」と表記するようメーカー側に求めるよう変更したと伝えられています。Google Cast は 2014 年の Chromecast に導入された技術だったので、当初は製品名のまま Chromecast と呼ばれていましたが、その後、Google Cast が正式版としてリリースされるタイミングで「Google Cast」ブランドがメインになりました。アプリも Chromecast から Google Cast に変わったかと思います。しかし、2017 年からは Google Cast をサポートした場合、「Chromecast built-in」と表記するようメーカー側に求める方針に変わったそうです。つまり、Google Cast のブランドが Chromecast に戻ることになります。先日、Google Cast アプリが「Google Home」に再度改名されたため、もはや Google Cast である必要性が無くなり、より馴染みのある Chromecast に切り替えたものと推測されます。Source : Variety

■関連記事
Google Playストアの新しい検索結果画面が国内でも展開されている模様
NVIDIA、SHIELDを対象にGeForce NowとAndroidゲームを特別価格で販売するブラックフライデーセールを開始
Galaxy S7 edge “Glossy Black”の実機はこんな感じ?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP