体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国の焼きそばファンに食べてほしい! 「瀬戸焼そば」は醤油で豚肉を煮込んだタレが決め手【愛知県】

f:id:Meshi2_IB:20161030184512j:plain

焼き物職人の間で広まった「瀬戸焼きそば」

秋田の「横手やきそば」や群馬の「上州太田焼そば」、静岡の「富士宮やきそば」など全国区人気のご当地焼そば。愛知県瀬戸市にも超個性的な焼そばがあるのをご存じだろうか?

f:id:Meshi2_IB:20161030184057j:plain

ってことで、瀬戸市へ。瀬戸市は「せともの」の語源にもなるほど陶器の町として全国的に有名。焼そばも地場産業である製陶業の発展とともに生まれ、市民の間に広まっていったらしい。

その名も「瀬戸焼そば」。

えっ? 名前だけでは特徴が伝わりにくいって?

では、「瀬戸焼そば」でまちおこしに取り組む「瀬戸焼そばアカデミー」の会長、鈴木忠さんに解説していただこう。

f:id:Meshi2_IB:20161030184109j:plain

昭和30年代、瀬戸市は“尾張の小江戸”と呼ばれ、製陶業は隆盛をきわめていました。当時、焼き物の生産に携わる多くの職人達は月に2回しか休みが取れませんでした。深川神社周辺には多くの飲食店が並んでいて、なかでも豚肉を醤油で甘辛く煮たタレで味付けした焼きそばは、昼夜通した窯火の番で失った塩分を求める職人に人気だったのです。(鈴木会長)

f:id:Meshi2_IB:20161030184146j:plain

▲深川神社

「瀬戸焼そばアカデミー」の定義する「瀬戸焼そば」とは以下の通り。 麺は、蒸し麺を使用 味付けは、豚の煮汁や醤油ベースのタレを使用 具材は、豚肉とキャベツが主体 せともの(瀬戸焼)の器を使用。ただしお持ち帰りは除く

f:id:Meshi2_IB:20161030184207j:plain

スーパーなどで見かける焼そばの麺の多くは黄色だが、「瀬戸焼そば」に使う蒸し麺は茶色。これは、しっかりと蒸すことで「かん水」が焦げて茶色になるという。水分をよく吸収し、独特の食感があるのも特徴だ。

f:id:Meshi2_IB:20161030184223j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会