ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DAOKO 曲名の一部を“もやし”に変えると…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。11月22日(火)のオンエアでは、火曜担当のレシーバー、DAOKOが登場しました。

オープニングでは藤田が先日、Twitterで見つけた面白いハッシュタグの話に。それは“曲名の一部分を「もやし」にすると弱い”というもの。例えば…

「もやしをください」(翼をください)
「もやしNight」(Dragon Night)
「もやし観測」(天体観測)

などなど。確かに、一部を変えただけなのに、一気に名曲感がゼロに(笑)。中でもDAOKOが気になったのが、ゲスの極み乙女。の「私以外私じゃないの」を変えた、「もやし以外もやしじゃないの」。

「私、これ見て思ったんですけど、“もやし以外私じゃないの”の方が、孤独感がいいなって。“もやし以外もやしじゃないの”って当たり前じゃんって」(DAOKO)

すると、これに参戦してきた意外な人物が現れました。なんと、同じ「SONAR MUSIC」で木曜日に出演中、「いきものがかり」のギター水野良樹。自らの曲名の一部を“もやし”に変えているのですが、どんな曲を変えてきたか気になる方は、ぜひ「SONAR MUSIC」のTwitter(@SONAR_MUSIC_813)をチェックしてみてください(笑)。

そしてこの日は、DAOKOの“心に刺さった曲の歌詞”について熱く語られました。それはDAOKOが尊敬してやまないという、椎名林檎の「ここでキスして。」。

「この曲って椎名林檎さん本人は、『日常の一部を切り取った曲です』とリリース時にお話しされていたんですけど、本当にその通りで。この曲は男女のお話なんですけど、他人事じゃなく感じられるんです」とDAOKO。例えば「其の華奢で大きな手」「現代のシド・ヴィシャス」など具体的な表現が散りばめられているので、その歌詞の世界がぐっと近くに感じるのだそう。

「私もラブソングを書くんですけど、こういう具体的な表現ってしたことなかったなって思って、すごく勉強になってます」(DAOKO)。歌詞の登場人物が「隣にいるんじゃないか、匂いもしてくるんじゃないか」とさえ感じるのだそう。まだ聴いたことのない人は、ぜひその椎名林檎の表現力を確かめてみてください。

■今回のオンエア曲
KEYTALK「Love me」
LUCKY TAPES「贅沢な罠」
Justice「Randy」
Bruno Mars「24K Magic」
エドガー・サリヴァン「BABY-Gを諦められない!」
DAOKO「さみしいかみさま」
sumika「MAGIC」
SUPER BUTTER DOG「コミュニケーション・ブレイクダンス」
Charisma.com「unPOP」
ASIAN KUNG-FU GENERATION / KANA-BOON / BLUE ENCOUNT「ループ&ループ(2016 ver.) FOR THE NEXT EDITION」
椎名林檎「ここでキスして。」
Rae Sremmurd feat. Gucci Mane「Black Beatles」
大橋トリオ「りんごの木」
RADWIMPS「トアルハルノヒ」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP