ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石川遼 ドライバーのシャフトを30グラム軽くした理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今はゴルフができる喜びで一杯です。『初心に戻りました』というのはオーバーかもしれませんが、いったんリセットすることができたという感覚です。万全の体調で試合に臨むことが何より大切なのだということを再認識しました」

 今年2月、腰を痛めて長期離脱を強いられた石川遼(25)。10月の「CIMBクラシック」で8か月ぶりに米国ツアー復帰を果たした。

 復帰を前に、石川は日本で5試合に出場していた。状態を不安視する声も少なからずあったが、7月の初戦「日本プロゴルフ選手権」こそ予選落ちしたものの、2戦目「KBCオーガスタ」で早くも優勝。

 続く大会も、2位、3位と優勝争いに絡み、7位に食い込んだ5戦目の「日本オープン」では、優勝した松山英樹と予選ラウンドで同組。大会史上初めて2日間で2万人のギャラリーを集め、人気の高さを見せつけた。

「日本のナショナルオープンであることを誇りに思える素晴らしい雰囲気で、ゴルフ界全体の盛り上がりを感じました。でも、本当の意味での日本ツアーの活性化は、選手個々のレベルアップが条件になります。

 日本テニス界の盛り上がりも、錦織圭さんが海外で結果を残しているからです。10年、20年後の日本のゴルフ界を考えるなら、今は僕と(松山)英樹しかいない米国ツアーに参戦する日本人選手が7、8人になっている必要があります。そして、海外で活躍した選手が日本に戻ってくる。国内ツアーを盛り上げるためにはこれしかないと信じています」

 石川自身のレベルアップはどう考えているのか。戦線離脱中、クラブ重量を軽くして体への負担を減らすなど、新たなスタイルを模索した。

「故障前の昨年10月、ドライバーのシャフトを30g重い90gに替えてからショットの調子がよくなり4か月ほど使いました。

 重いクラブにしたことが腰痛の原因かどうかはわかりませんが、痛みが出た当初は1か月ぐらいで復帰するつもりでした。ところが、骨の周辺が炎症を起こし、痛みが完全に取れるまでに半年近くかかったこともあって、いろいろ試してクラブの重さを元に戻しました。これほど長い期間打たなかったことはないので、自分の体でないような気分でした」

 ボールを打たなかったとはいえ、頭の中はゴルフのことばかり。体の構造や仕組みについて勉強したという。

「少しでも体に異変を感じたら、根本的な原因を探るようになりました。万全の体調で試合に臨むことを常に心掛けて、1球打つたびに一喜一憂するのではなく、自分の基盤となる部分を高める練習に重点を置いています」

 事実、日本オープンでは筋肉疲労を理由に開幕前日の練習ラウンドをキャンセル。「技術を保つだけの練習はやらない」と決め、クラブを握らない異例の“ノースイング”調整をした。

 また、石川はマシンを使ったウエイトトレーニングをしない。鉄棒の懸垂など、自重を利用したトレーニングをした後10球打つ、というメニューを繰り返すことで自分の身体の動きに適した筋肉をつけている。

●取材・文/鵜飼克郎 ●撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
18歳美人ゴルファー 7月のプロテスト一発合格で破竹の勢い
“ゴルフ界の安藤美姫” 斉藤愛璃ほか「今年は新人当たり年」
プロ宣言したゴルフ界の松嶋菜々子 得意のパターで飛躍狙う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP