ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パスピエが語る新曲「メーデー」制作秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パスピエが語る新曲「メーデー」制作秘話
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(火曜ナビゲーター:パスピエ)。11月22日(火)のオンエアでは、パスピエの新曲「メーデー」リリース記念でメンバー全員が出演…ということで、改めて、この曲へ込めた思いが語られました。

成田:いつもと違う点…というと、歌詞を二人(成田・大胡田)で共作したりとか。

大胡田:久し振りですね。

成田:久し振り。去年のアルバム「娑婆ラバ」の「素顔」以来ですね。

「メーデー」は、成田の中で「こういうことを歌いたいな」というイメージがあったものを「歌うのは結局、大胡田」ということで、アウトラインを大胡田に投げたそう。「大胡田らしく言葉の一部分を変えてもらったり、ブロックで『こういうふうにした方がいいんじゃないか』みたいなふうにして進めてたんですけど」と成田。

実は今年のシングルは“対(つい)”をテーマに作っていたそうです。「(1枚目の)『ヨアケマエ』が、これまでのパスピエと現在のパスピエということで。それこそ“顔を出す”“出さない”だったり、以前と現在のパスピエっていうことを『ヨアケマエ』という言葉で区切れたらな、という“対”ですね」(成田)

2枚目の「永すぎた春/ハイパーリアリスト」は両A面ということで、このシングルは「曲自体の“対”」という「多種多様なパスピエを楽しんでもらいたい」という“対”の部分が込められているそう。そして今回の「メーデー」については…

「救難信号の『メーデー』なんですけども、自分の内側で葛藤しているのを曲にしたいなと。結局、音楽を表現するのって…ライブやCDを聴いてもらうのって、どうやったって表現した“後”の、外側のアーティストの気持ちだったりとか受け取られることが多くなるんだけど、そこに到るまでにいろんな紆余曲折があるし…。本当にライブは楽しくパフォーマンスしてるけど、そこまでどうやってお客さんに楽しんでもらえるか、みたいなことを悩んだり葛藤したり、いろんなことがあるから。そういう、今まで歩んできた道のりみたいなのを歌詞に表せたらいいなと思ってやってきたわけなんです」(成田)

大胡田はレコーディングについて聞かれると「人が書いた歌詞って、自分が書いて歌うときとちょっと違って、私だけの世界じゃなくてバンド全体の世界を表現するっていう気持ちがすごい大きかったかな…」と答えました。

メンバーたちが「凝縮されたパスピエ」と語るこの曲。チェックしてみてはいかがでしょうか?

ちなみにこの日は、新曲「メーデー」のそれぞれのパートを口で演奏するという、なかなか聴けないライブ(?)も披露しました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 深夜2時ー3時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。