ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

情緒不安定っていうか、もうガッタガタ(笑) #ふたりごと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ひーちゃん、角度を変えて見たら全然ちがったこと、まさに最近感じたよ。

先日、初めてテレビに出たとき、ピースの綾部さんとご一緒したの。いつもテレビで拝見していて、おもしろいから大好きな芸人さんだったんだけど、収録をご一緒してみたら、おもしろだけいじゃなくて、天才なんだ! ってわかった。

テレビを通してだけだと「おもしろー!」で終わるんだけど、となりに立って、綾部さんの瞬時に発する言葉を聞いたら、頭の回転の速さが尋常じゃないって思った。私がつくったコーディネートを、見た瞬間にバシッとポイントを言い当てる。それもポンポンと。

私なんて、自分でコーディネートしているにも関わらず、モゴモゴしちゃったのに!

この経験で、物事をいろいろな角度から見るってことが本当に大切なんだ、って改めてわかった。そして、その立場にならないと気がつけないことがあることも。

あの日から、私はテレビに出ている芸人さんを全員尊敬するようになった。芸人さんのすごさの本質がわかったから。

情緒が不安定っていうか、もうガッタガタ(笑)

ほかにも最近感じたのは、本って読み返す度に感じ方が変わるっていうこと。

いま、私は新しいことにチャレンジしている時期で、自分のキャパシティ以上に動いたり考えたりしてる。そして、どうにもならない不安と隣り合わせになることが多いの。

キャパシティって、私の場合、無理やりつめ込んで広げないと大きくならない。いまはその時期なんだ、って頭ではわかっていても、まだ心がついてこなくて。情緒が不安定っていうか、もうガッタガタ(笑)。情けないんだけど、しんどいときもたくさんある。

そんなとき、いつも読み返すのが 『覚悟の磨き方』という吉田松陰の言葉が書いてある本。本当にいつもいつも刺さる言葉がちがってね。「あぁ、私はいま、こんな状況なんだな」って、自分を俯瞰して見ることができるんだ。

これもまた、自分っていう人間をちがう角度から見て、頭で考えていることと、心が思っていることのちがいを知る感覚だよ。

人に嫌われてもいいっていう覚悟をもつ

大日方久美子さん(@kumi511976)が投稿した写真 – 2016 11月 13 4:43午後 PST

そんな風にして、自分をちがう角度から見てわかったことがひとつある。それは、人に嫌われてもいいっていう覚悟をもつことだった。

Instagramを始めるとき、本を出すと決めたとき、その度に嫌われてもいいっていう覚悟をもって取り組んできた。でも、本当は、まだまだ足りなかったんだ。人に嫌われる覚悟が10あるとしたら、2くらいのレベルでしかとらえていなかったことがわかった。

だから、私、ガッタガタになってしまうんだよね。

「嫌われたくない。好きだ」と思っている人に対してはとくにそう。

でもその状況になったときこそ、自分を信じて磨き続けるしかないってこともわかった。そうやって強くならないといけないときがきた気がしてるよ。

いつかまた同じような状況になったとき、この経験が身になって、いちいちガッタガタしない自分でいたいな。

ひーちゃんは、自分が崩れそうになったとき、どうやって立て直してる?

>>連載「ふたりごと」をもっと読む

■ あわせて読みたい

いつもお疲れさま。がんばってるあなたにぴったりのご褒美は? #深層心理
快挙! 個性を貫ける人、コム・デ・ギャルソン川久保玲がアナと共演
中目黒高架下
TRFの消臭DANCE! 今年の悔いをyheee!
インスタにライブ動画機能。もっと「リアル」をシェアしたい
デニムもジュースも持ち帰り可。SNSみたいにアートもシェアする
餃子好きたるもの、新店舗は押さえておきたい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP