ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

血液検査で調べられる病気とは? 検査項目について詳しく解説

  • ガジェット通信を≫


健康診断を受信すると必ずある項目として血液検査があります。ですが、たくさんありすぎたり、書いてある項目が難しくていったい何を調べているのかわからないですよね? そこで、今回は血液検査についてご紹介したいと思います。

要チェック項目

□血液検査は血液の健康チェックをし病気を分析する □沈黙の臓器である肝臓の症状も分かる □成人病の疑いがある場合も判定が可能

血液検査ではいったい何を調べるのか?

健康診断において、血液検査というものは欠くことができない必須項目です。とはいえ、結果を見ても検査項目がたくさんあっていったい何を調べているのかわからないですよね? 血液というのは全身を絶え間なく駆け巡っていて、人間にとってはなくてはならないものです。 そのため、血液の中には体中のありとあらゆる情報が含まれています。それらを採取・分析することにより早い段階で体からの病気のシグナルをキャッチしようというのが血液検査の目的です。 自覚症状がないものでも、数値により病気が判明することも少なくないのでとても重要なのです。 ここまで説明してきた通り、血液検査により様々な病気を発見することができます。中でも特に発見に役立つものとしては、貧血や高脂血症をはじめ各種臓器の異常やガン・糖尿病まで多岐にわたっております。

血液自体の検査

血液には、体内に酸素を運搬したり、外敵から身を護るといった重要な要素を持っています。血液検査をすることにより、それらの能力に異常がないか調べることができます。

赤血球

赤血球の役割は、全身に酸素を運搬して呼吸をさせる役割があります。また、酸素の供給時に使用されて使うことができなくなった二酸化炭素を受け取って、それを肺に持っていく役割も持っています。 この数値が高すぎると多血症の疑いが、低すぎると貧血となります。

白血球

白血球は、細菌やウィルスなどを攻撃して、つぶす役割があります。この数値が高すぎる場合、体のどこかの部分で感染症を起こしている可能性があります。 低すぎる場合は、一部のウイルス感染症や薬剤性の原因などが疑われます。

血小板

血小板は、けがなどをした時に、血を固めて出血を抑える役割があります。この数値が高すぎる場合、外傷や感染症による反応性の上昇のほか、慢性骨髄性白血病などの血液疾患の可能性もあります。 低すぎる場合は、ストレスによるものなど一時的な反応性の場合もありますが、再生不良性貧血などの血液疾患などの可能性もあります。

肝臓の検査

血液検査では、肝臓系の数値を調べることができます。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど、病気の症状が出にくく、出た時点では手遅れになることが多いです。 そのため、血液検査でしっかりと調べる必要があります。

アルブミン

アルブミンは血中タンパクの中でも肝臓の合成能力を示す指標です。この数値が高い分には問題ありませんが、低いと肝臓障害や栄養失調の可能性があります。

GOT

GOTというのは、肝臓のほかに心臓や筋肉に多くある酵素の一つです。これが高いと肝臓障害や骨格筋の疾患、血液疾患の恐れがあります。

GPT・γ-GTP

GPTとγ-GTPは、肝臓に多くある酵素です。これらの数値が高い場合、脂肪肝、肝臓ガンの疑いがあります。

脂質の検査

血液検査では血液中の脂質を調べることもできます。脂質の量によっては成人病の疑いも出てきますのでしっかりチェックしておきましょう。

総コレステロール

総コレステロールというのは、血液中に含まれる脂質の量を分析しています。脂質は高すぎると動脈硬化や脂質代謝の異常、甲状腺機能の低下などが疑われます。 特に近年の飽食により動脈硬化の疾患は非常に増えています。

HDLコレステロール・LDLコレステロール

HDLは善玉コレステロール、LDLは悪玉コレステロールです。善玉の数値が高く、悪玉のコレステロールが低いと非常に健康体といえるでしょう。 ですがその逆になってしまうと動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の恐れがあります。

中性脂肪

人間の体の中で最も多い脂質で、これが高いと動脈硬化がすでに始まっている可能性があります。

腎臓・尿酸・糖代謝など

そのほかにも、血液検査で様々な病気を検査することができます。

腎臓

腎臓の検査では、クレアチニンという、クレアチンの代謝後の物質の数値を検査します。この数値が高いと腎機能が低下している可能性があります。

尿酸

尿酸というのは、プリン体というたんぱく質が代謝された後のものです。この数値が高いと高尿酸血症の疑いがあり、痛風になる可能性があります。

糖代謝

糖代謝は血液中のブドウ糖の濃度を調べます。この数値が高いと糖尿病やホルモンの異常が疑われます。

検査項目をしっかり理解して自分の体を知ろう

今回は、血液検査の検査内容や病気の読み取り方についてご紹介しました。情報がたくさんありますが、それだけ重要な検査ということとも取れるでしょう。 早期に発見すれば対処ができるものが多いですので、しっかりと検査内容を理解して自分の体と向き合いましょう。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

膠質反応の検査で異常が見つかった!気付いてほしい肝臓のSOS
血清学検査から分かる抗体の働き 知っておくべき血清数値の基礎知識
検査数値ALT(GPT)が示すのは肝臓障害 沈黙の臓器は早期解決が肝!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP