ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マラソン2時間台の57才女性「走ってないと気持ち悪い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 20代、30代なら、夢のひとつやふたつを掲げて、人生を歩んでいくこともできるが、40代、50代になって夢を持つことなんて、無理だし、恥ずかしい…。そんなことを思っている人も多いかもしれない。しかし、40代を超えてもなお、夢を持ち、そして実現している人だっている。

「2時間以上かけて600mコースを中心に16~18km走るのが日課」と、話すのは、57才の今でも、フルマラソンで2時間台の記録を出す主婦の檜山恵子さん。市民ランナーにとって2時間台とは“サブスリー”といわれ、夢の記録なのだ。

 マラソンを本格的に始めたのは38才の時。マラソン好きのご主人と結婚したのがきっかけだ。一緒に大会に出るようになり、初出場2位を獲得したことで、勝つことの喜びを体感。以後、夫や仲間の指導のもと記録を伸ばし、44才で初のサブスリーを達成した。

「夫と出会うまでやりたいことがわからなかったのですが、今では、友人もみんなランナーだし、生活の中心がマラソンです」

 そんな檜山さんにも挫折が。

「一昨年のフルマラソンの直後、膝を故障したんです。医師には大会に出るのは無理だと言われましたが、“やめよう”という気にはならなかった。それから必死でリハビリをしました。もう病気のようなもので、走っていないと気持ち悪い。奇跡的にまた走れるようになった時は、バンザーイって(笑い)」

 走り続ける原動力には、夫や仲間の存在が大きいという。

「“大丈夫、いけるよ”と言ってもらえると頑張れる。私ひとりじゃ続いていませんでした」

 現在の目標は、60才まで大会に出ることだ、と笑顔で答えてくれた。

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
安田美沙子と一緒にテニス&ランニングの「妄想デート」写真
田中みな実アナ 久保田智子アナのマラソン会不参加で苦境に
安田美沙子と一緒にジムで汗をかく! そんなデートを妄想撮

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP