ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノンフィクション大賞受賞の柳川悠二氏「逆転のPL」を描いた理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年で23回目となる「小学館ノンフィクション大賞」の最終選考会が10月下旬に行なわれた。9年ぶりに一新された選考委員が最終候補5作品について縦横無尽に論じ合い、強豪校野球部の終焉を描いたノンフィクションライター・柳川悠二氏(40)によるルポ『永遠のPL学園──六〇年目のゲームセット』を大賞に選出した。本作品は来年早々にも単行本化される。

【受賞作品のあらすじ】

 春夏通算7回の甲子園制覇を誇るPL学園野球部は、2016年7月15日、約60年の歴史に幕を閉じた。最後の部員は12人。強豪校では当たり前の「特待生」も、彼らの世代にはいない。本作では、その12人の成長を2年にわたって追うとともに、なぜ名門野球部が廃部に追い込まれたのか、その真相を探った。

 最初の証言者は、学園の母体であるパーフェクトリバティー教団を立教した二代教主・御木徳近の意を受け、部の強化に尽力した学園1期生の井元俊秀。80歳になる井元は野球部創部の経緯、野球部と信仰の深い結びつきを初めて明かした。

 さらに桑田真澄、清原和博らが活躍した全盛期にも、PLの強さの根源に「信仰の力」があったと関係者は口を揃えた。全国中継される春夏の甲子園で、アルプススタンドに「PL」の人文字が描かれ、野球部は教団名を世に広めた。その効果は絶大で、春夏連覇を達成した1987年には公称信者数が260万人に達する。教団のネットワークを駆使して有望選手の情報を集め、信者の寄付を投じて特待生を受け入れる。それがPLの強化システムだった。

 入部したばかりの1年生は先輩に対して「はい」と「いいえ」しか口にすることが許されず、何かミスをすれば連帯責任。そうした“鉄の掟”はPL野球の精神的根幹となった一方、2000年代以降は度重なる暴力事件の温床にもなっていく。

 2013年2月に発覚した不祥事を機に、学園と教団は廃部へと舵を切る。それ以降、野球経験のある監督が置かれることはなかった。教団やOBの事情に翻弄されながら名門校の伝統を背負った最後の12人だが、公式戦や練習試合で連戦連敗。彼らの野球は、先制しても結局は負けてしまう“逆転されるPL”だった。

 そうして公式戦の勝利がないまま、「最後の夏」を迎えたPL。その初戦で、12人は黄金期を彷彿とさせる逆転劇を見せる──。

【受賞者の言葉】

 PL野球部が最後に全国制覇したのは、立浪和義が主将を務め、片岡篤史、宮本慎也らが活躍した1987年夏の甲子園だ。もう30年近く前のことなのに、高校野球ファンの間でPL人気は根強い。黄金期の圧倒的な強さとアルプス席の人文字応援が、鮮烈に脳裏に刻まれているからだろう。

 かつては「逆転のPL」が代名詞だった。たとえリードされていても、胸のアミュレット(お守り)を握りしめ、最後まで勝利を信じて戦い抜く。そして信じられないような一打、プレーが飛び出し、数々の逆転劇が生まれた。その背景には学園の母体である教団の信仰があり、PL野球の得体の知れない強さは相手校にとって脅威となった。

 PL野球の真髄はどこにあるのか。信仰の側面から追いかけ、数奇な歴史と経緯を知れば知るほど惹かれたのが、12人の最後の部員たちだ。背が軒並み小さく、線も細い。どこにでもいそうな高校球児たちだった。彼らは、学園が部の強化を止めたことを知りながら、名門校に憧れ入学してきた。

 昨年、“後輩のいない最上級生”となってからは連戦連敗。それでもPLの部員として、報道陣には「目標は甲子園」と言い続けた。一方で、彼らは目の前の試合に必死だった。まずは一勝して校歌を歌うことだけが彼らの願いだった。彼らは公式戦未勝利のまま部活動を終えたが、最後の試合では、まさかの逆転本塁打が飛び出すなど金看板に恥じぬ野球を見せた。

 今回の受賞は、その12人の2年半の成長を讃えるためにいただいたものだと理解している。

【プロフィール】やながわ・ゆうじ/1976年、宮崎県生まれ。ノンフィクションライター。法政大学在学中からスポーツ取材を開始し、2005年以降は春夏の甲子園取材をライフワークとする。著書に『最弱ナイン』(角川書店)などがある。

※週刊ポスト2016年12月2日号
小学館ノンフィクション大賞を受賞した柳川悠二氏
【関連記事】
PL野球部「清原監督でも教団は了承しないだろう」と部員の父
PL野球部消滅の裏で「もう一つのPL野球部」が大阪制覇
PL学園野球部の3年生 後輩の練習手伝い審判も買って出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。