ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ほしのあき、熊田曜子、ギャル曽根がママ友会 熊田は庶民派

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・代官山で人気のパンケーキ店はこの日も満席。大きなソファと色鮮やかなクッションが並べられた明るい店内のあちこちで女子トークが盛り上がりを見せていた。お昼を過ぎ、抱っこひもに子供を入れ、ベビーカーを押して入るママ友グループが。ほしのあき(39才)、熊田曜子(34才)、ギャル曽根(30才)だった。

  熊田はピンクのワンピースにグレーのコート、ほしのは白と黒のボーダーニット姿で、2人とも子供と「おそろいコーデ」にキメている。「久しぶり~!」とはしゃいだ声をあげながら席につくと、そのまま子育て弾丸トークに突入。ママ3人で5人の子供たちを連れているとあって、休む間もなく大忙し。

「こっそり抜け出して店内を走り回ろうとする子がいれば、別の子が“トイレに行きたい”とぐずり出しててんやわんや。しかも、ギャル曽根さんがパンケーキを大量注文したみたいで、料理がくるのにもかなり時間がかかってました(笑い)」(居合わせた客)

 2時間ほどでママ友会は終了。3人は別々に会計を済ませて店を後に。向かった先は人気スタイリストの風間ゆみえ氏が手がけ、セレブママに話題の子供服店『Sweet Room 1ST』だった。

「子供のスカートが1万円以上という高級ブランドですが、3人とも女の子のママとあって真剣にお買い物してましたよ」(居合わせた客)

 束の間のショッピングを終えた午後3時過ぎ、ママ友会はお開きとなった。ほしのは「じゃあまたね!」と手を振りながら颯爽とタクシーに乗り、ギャル曽根は徒歩で自宅へと帰る。熊田はというと、0才の娘を抱っこしながら3才の娘の手をひき、ベビーカーを押して20分ほど歩いて駅の改札へ。混み合う山手線へと乗り込んだ。

「ほしのさんは旦那さんが有名ジョッキーの三浦皇成さん(26才)で、年収は1億円超。ギャル曽根さんも旦那さんはテレビ局の敏腕ディレクター。熊田さんのご主人もエリート会社員といいますから、みんないわゆるセレブママ。でも熊田さんは意外というか、昔からわりと節約家で庶民的な感覚の人なんです」(芸能関係者)

 熊田はファストフード店に立ち寄り、フライドポテトを平らげると家路についた。

※女性セブン2016年12月8日号

【関連記事】
“ママタレ戦国時代” すでに一歩リードしたのはギャル曽根
ギャル曽根が京都に行くと必ず2~3個買う駅弁「ばらずし」
高嶋政宏、ギャル曽根、テツトモのテツが迷わず買う駅弁

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。