ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手に入りやすくなった市販薬との正しい付き合いかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手に入りやすくなった市販薬との正しい付き合いかた<br />

風邪や軽い胃腸の不調、頭痛や生理痛など、ちょっとした不調なら病院にいかずにドラッグストアの市販薬で済ませる人が多いと思います。でも、病気のことは専門医でなければわからないこともあるし、薬に関してもそれは同じこと。お薬の不安を解消し、軽い不調なら自分で治すために最近変わりつつある薬局事情について調べてみました。

処方薬と変わらない薬も買える

以前はドラッグストアで買える市販薬は副作用の心配がほとんどなく、効き目も穏やかな薬(第三類医薬品・第二類医薬品)のみでした。それがセルフメディケーション(自分の健康を管理し、軽い不調は服薬などで自分で治すこと)推進のため、今までは医師の処方箋がないと買えなかった一部の薬(第一類医薬品)がドラッグストアでも購入できるようになりました。これらの薬は薬局のカウンター越し(Over The Counter)に買えることから「スイッチOTC医薬品」と呼ばれています。解熱鎮痛薬のロキソニンS、胃腸薬のガスター10、カンジダ治療薬のメディトリートなどはスイッチOTC医薬品で、許可を受けた薬局なら対面で販売してくれます。成分は病院の処方薬と変わらないため、病院に行かなくても治すことができるのは忙しい社会人には助かりますよね。

来年からは医療費控除の対象にも

平成29年の1月1日以降からは「セルフメディケーション税制」が始まります。医療費控除の特例として、自己または配偶者や親族にかかわるスイッチOTC医薬品購入金額が年間12000円を超える場合には、超える分の金額が総所得から控除されるというもの。世界でも有数の長寿国となり、人口における高齢者の割合が多い日本は、医療機関の混雑と保険で賄われる医療費が切迫しているため、医療機関にかからなくても治せる不調は自分で治すセルフメディケーションが重要になっているのです。

セルフメディケーションのためのかかりつけ薬剤師

病院のような待ち時間もなく、診察料や検査料がかからないで買えるスイッチOTC医薬品。しかし、効き目が高いということは副作用の心配も高くなるということ。判断を誤ったり間違った服薬のしかたをすれば、不調が治るどころか悪化することも考えられます。そこで、気軽に症状や薬の相談ができる「かかりつけ薬剤師」を持つことがセルフメディケーションの第一歩。今年の10月からは「健康サポート薬局」の届け出が始まりました。24時間薬の相談ができたり、様々な医療機関にかかっている人の薬の情報を一元化して薬の重複や副作用、市販薬やサプリの飲み方を一緒に考えてくれたりするもの。薬の専門である薬剤師さんと仲良くなることで、安心して効率的にセルフメディケーションを勧めることができます。

市販薬もうまく活用すれば健康管理に役立ちますが、頼りすぎると病気が重症化してしまうこともあるので、薬剤師さんや医療機関に頼ることも大切です。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP