体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オンキヨーのハイレゾ対応DAP『DP-X1A』レビュー プロも唸らせる高音質をビギナーでも楽しめる親切設計[PR]

IMG_2710

オンキヨーから発売されたハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー『DP-X1A』。日本最大級のハイレゾ音源配信サイト『e-onkyo music』運営を始め、ヘッドホンやポータブルヘッドホンアンプ、ミュージックアプリ『Onkyo HF Player』のリリースなど、高音質に強いこだわりを見せるオンキヨーならではのノウハウが詰まったハイエンドモデルです。

どうせ音楽を聴くなら話題のハイレゾ音源で楽しんでみたいものですが、同社のオンラインショップ『ONKYO DIRECT』価格で7万9800円(税抜き)と、ビギナーにとっては気軽に手を出しにくいのが本音のところ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこで今回は、2016年9月に新木場ageHaで開催されたトランスイベント『Anahera』に出演するなど、国内外で活躍中のDJ・トラックメーカーのPandoraさんに、『DP-X1A』のレビューを依頼。プロの耳で使用感をチェックしてもらいました(ヘッドホンはオンキヨーのハイレゾ対応ヘッドホン『H500M』を使用)。

IMG_6199

マットブラックのボディが高級感を演出している『DP-X1A』は、最大11.2MHzまでのDSD再生に加え、最大384kHz / 24bitのWAV、FLAC、ALAC、AIFFなど、多くのハイレゾ音源配信サイトで採用されている再生フォーマットに対応。

IMG_6240

OSにAndroid5.1を搭載し、Google Playにも対応しています。4.7型ディスプレイの大画面を採用し、サイズは129mm×75.9mm×12.7mm、重量は205g。一般的なスマートフォンと比べてみても、ややズッシリとした重みを感じます。

IMG_6206

連続再生時間は最大16時間(FLAC 96kHz / 24bitアンバランス再生時)。64GBの内蔵メモリーに加え、microSDカードスロット(2基搭載)を利用すれば、最大464GBまで拡張が可能です。

IMG_6212

高音質出力を実現する2.5mm 4極バランスヘッドホン出力端子を搭載する他、3.5mm 3極ヘッドホン出力や、Micro USB-B / OTGデジタル出力、ワイヤレス再生にも対応。さまざまなヘッドホンや周辺機器で楽しむことができるのが特徴です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。