ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インフルエンザの初期症状とは?知っておきたい風邪との違い

  • ガジェット通信を≫


冬になると大流行する
インフルエンザですが、その他の疾患のようになにか初期症状や前兆のようなものはあるのでしょうか。 早目に分かったら早めに対処できていいですよね。さて、実際のところはどうなのでしょう。

要チェック項目

□インフルエンザには初期症状と言えるほどのものはない □インフルエンザは風邪の強力版である □予防にはうがいと手洗いが第一である

インフルエンザには初期症状ってあるのでしょうか?

インフルエンザの症状

インフルエンザになると、風邪の一般的な症状である咳や鼻水、喉の痛み、そして高熱が出るのが特徴です。 なぜなら、インフルエンザは上気道に起こる炎症で、そう言った意味では風邪(医学的にはかぜ症候群といいます)と同じだからです。ただ、症状が強く出るという違いがあります。

高熱が特徴

インフルエンザの発熱は、通常の風邪に比べて高い熱が出るという特徴があります。そして多くの場合に関節の痛みをともないます。インフルエンザがつらい理由はそこにもあります。

初期症状と言えるほどの症状はない

インフルエンザの場合、通常の風邪のように「なんとなく風邪っぽいなあ」と思っていたら、だんだんと熱が上がってきたなんてことがありません。 「なんだか悪寒がする」と思ったら、あっという間に熱のピークがやってきます。咳や鼻水が初期症状と言えなくもないですが、症状のピークがあまりにも早く訪れるため、特に初期、中期、後期と分ける必要性もありません。

インフルエンザと風邪の違いについて教えてください

毎年たくさんの人がかかるインフルエンザですが、お医者さんによっては「インフルエンザは風邪の一種である」考える人もいます。それには次のような理由があるからです。

かぜ症候群

風邪は医学的には「かぜ症候群」と呼ばれており、上気道に起こる炎症の総称をいいます(医師によっては下気道の炎症までふくめる人もいます)。 上気道とは、簡単にいうと鼻からのどまでの空気の通り道のことです。インフルエンザの症状もまさに上気道にみられる炎症ということができます。

免疫力の問題

毎年のように流行するインフルエンザですが、予防接種をしてもかかる人がいれば、予防接種を受けていなくても平気な人もいます。 なぜかというと、インフルエンザは風邪と同じでウィルス性の感染症だからです。免疫機能が正常に働いていれば、ウィルスが体内に入っても体外に排出してくれるからです。 つまり、インフルエンザに感染してしまうのは、ウィルスだけが問題なのではなくて、体が弱っていることの方がより大きな問題なのです。

インフルエンザの原因について教えてください

インフルエンザウィルス

インフルエンザになってしまう直接的な原因は、インフルエンザウィルスに感染することです。 人間が感染するインフルエンザウィルスには、A型、B型、C型があり、最も大流行しやすいのはA型であると言われています。C型については稀ということです。 A型のインフルエンザがなぜ爆発的に流行するかというと、ウィルスの増殖能力が、他の感染症に比べて早いことが挙げられます。 また、流行を繰り返すことによって、A型のインフルエンザが抗原の種類を多く備えていることも挙げられます。

免疫力の低下

インフルエンザになってしまう直接的な原因はインフルエンザウィルスですが、風邪や疲労、ストレスや睡眠不足などによって自分の体の免疫機能が低下していると、インフルエンザを罹患しやすくなってしまいます。

感染経路

インフルエンザにかかってしまう理由としては、飛沫感染もその要因として挙げられます。飛沫感染とは、他人の咳やくしゃみなどのしぶきに含まれるウィルスを吸入することで感染してしまうことを言います。 当たり前ですが、呼吸をしなければ我々は生きていけませんから、感染ルートとして飛沫感染があるということは、感染のリスクを高める訳です。

インフルエンザを予防するにはどうすればいいですか?

うがい・手洗い

インフルエンザを予防するためには、うがいや手洗い、マスクの着用や消毒を徹底してすることが一番です。 お医者さんや看護師さんがインフルエンザの最前線にいてもウィルスに負けないのは、そうした自己管理の賜物なのです。

規則正しい生活

インフルエンザに限らず、体がウィルスや細菌に負けてしまうのは、疲労やストレス、睡眠不足などによって体の免疫力が低下しているからです。 疲労がたまっているような時は、栄養を取って温かくしてたっぷりと睡眠をとりましょう。

インフルエンザの予防接種の費用について

インフルエンザの予防接種は保険が適用されないので、自費になります。安い所だと1000円、高い所だと6000円というところもあります。

インフルエンザに負けない健康な体になろう!

インフルエンザになってしまうのは、体の免疫力が低下していることも原因です。 普段から健康状態に留意して、不調がある時には無理せずに休むようにしましょう。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

身近な人がインフルエンザになってしまったときの看病方法と気をつけたいこと
インフルエンザの予防接種の効果は? 子どもが感染しないための方法
“朝の歯磨き”はインフルエンザ予防の新習慣!《歯科医師推奨》

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP