体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

入籍前から切望した妊娠。でもベビーは、全てのタイミングが揃うのを待っていたみたい

付き合い始めたころから子供が欲しかった私達。

ある日、いつも優しい彼に「私はあなたに何をしてあげられるだろう」と言うと「何もしてくれなくていいよ。でも、もしできたらいつか子供を産んでほしい」と答えが返って来ました。

年齢的にも、1年経って子供ができなかったらお医者さんに相談しようと決めました。

いつも子供が欲しかったのですが、なかなか妊娠できず、ヨガを始めたり、高いお灸をしたり、サプリを飲んだりずいぶんお金を使ってしまいました。

1年以上、状況は変わらなかったので、数件の病院に行きましたが「ご主人の協力は必要」「結婚してからに」と言われ数回ずつしか診察してもらえず、肝心なところまで行くと行き詰まる生活が続きました。

子供はできず、結婚もできず、結婚してほしいとも言えず、苦しい日々が続きました。 関連記事:家族にならなきゃ! 必死だった結婚前からの妊活。でも、優しい気持ちが成功の秘訣

子宮内膜症があると妊娠しづらいと聞き、わずかな生理痛があったときに大学病院へ行くと、小さな内膜症が見つかりました。

手術まで必要かどうかは微妙なところでしたが、子宮内を綺麗にすると妊娠しやすいと聞き、思い切って手術を受けることにしました。そして、その時に卵管通水検査で、卵管に詰まりがないかを診てもらうことにしました。

手術まで半年間…生理を止め、手術をしやすくする注射を打ち続けましたが、その薬はイライラして、とにかくなかなか結婚できない辛い状況に苦しみました。

そしてむかえた手術は無事に終了し、卵管も通っていることがわかりました。

その半年後、排卵を促す注射を使ったタイミング法を2回行ったところで初めて妊娠しました。

しかし妊娠初期は精神的に辛く、結婚していなかったので様々な不安に襲われました。

妊娠したのに結婚してくれようとしない彼に不満が爆発し、怒りが沸いてきてしまいました。その時は海外にいたのですが、狂ったように色々なことを言ってしまいました。

自分の神経が尖ってしまったかのようで、何を言われてもカーっとなり爆発させるしかなくなっていました。

彼にひどいことを沢山言ってしまった自分では、子供を愛せる自信がないと思いました。

その時は彼のご両親にもまだ会ったことがなかったので、突然報告しても受け入れてもらえる気がしませんでした。

彼が結婚できない理由は、付き合い始めた時が離婚して日が浅かったことで、周りがよく思わないだろうということでした。

そして私も家庭や転職を繰り返した職歴など不穏因子を持っていたことも理由でした。

私は彼と家庭を持ちたくて自分なりに努力したつもりでしたが、なかなか結婚してもらえず、妊娠しても前進せず、でも前妻とは結婚していたことで、以前の奥さんへの決意にはかなわないのだろうと思うと悲しみがとまりませんでした。

かと言って努力しても、お互いの過去は変わらない…。

夜のうちに携帯の中に大切な人へのメッセージを入れ、翌日自分だけ帰国してしまいたいと本気で思いました。

朝になると彼の説得もあり一緒に部屋を出ました。

彼も体調を崩していて、この体調の悪い自分を置いて帰国するのかと私に落胆していましたが、こんな時に自分のことを考えている彼のことも嫌になりました。

結局私は彼と一緒に帰国し、その数週間後、突然胎内で赤ちゃんの脈が止まり、繋留流産となりました。

悲しくて、赤ちゃんに申し訳なくて自宅で一人泣き続けました。

流産の手術が終わると、再び前向きな気持ちになれました。

空へ還ってしまった赤ちゃんには申し訳なかったのですが、排卵を促す治療で妊娠できることを教えてもらえました。

次は少しでも不安感を減らすように、結婚するまで不妊治療はやめてしまおうとその時決めました。

前向きになってイライラの取れた私を彼は家族に紹介してくれました。

それからは、結婚したらなかなか行けないだろうと考え、初めての母との海外旅行を楽しんだり、妊娠したらできないこととして彼と10日間位の地中海クルーズに出掛けたり、2週間かけて四国をお遍路したりしました。

お互いの家族が幸せであるように。そして、いつか赤ちゃんが戻って来たいと思ってくれるような幸せな家庭を築けるように願いました。

今年に入り、当初の予定では出産している時期を過ぎていましたが、未だ独身で子供もいないままでした。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。