ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米UCFの研究チームがたった数秒でスマートフォンのバッテリーを充電できる新技術を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米セントラルフロリダ大学(UCF)の研究チームがたった数秒間でスマートフォンのバッテリーを充電でき、しかも、3 万回以上という従来のバッテリーよりもはるかに多く充電できる夢のようなバッテリー技術を開発したことを発表しました。UCF のナノサイエンステクノロジーセンターはこのほど、このような性能を発揮する “スーパーキャパシタ” を作成するために必要となるプロセス技術の開発に成功しました。このことは学術誌 ACS Nano にも掲載されています。将来的に、同チームの技術は携帯電話や電気自動車用のバッテリーに応用される見込みです。これまでにも短時間で充電できるバッテリーや多い回数再充電できるバッテリーの技術は幾度となく発表されてきましたが、UCF の技術はこの両方を実現しています。記事に詳細は掲載されていません、UCF の研究チームもバッテリーの極をグラフェンに代表される二次元状のナノ素材でコーティングする技術を採用しています。素材は明らかにされていませんが、新素材の電性は高く、極間の原子の移動がはるかに高速で、エネルギー密度も既存の技術より高いとされています。また、3 万回以上充電を切り替えしてもバッテリーが大幅に劣化することがないというのです。Source : UCF Today

■関連記事
Meizu Xのバックカバー写真が流出
SD Association、アプリ向けの新クラス「App Performance Class」とロゴを発表
Facebook、付近の公共Wi-Fiスポットを検索できる機能をテスト中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。