ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アレルギー症状を引き起こす“ヒスタミン”の正体とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

くしゃみや鼻水、アレルギー症状などの原因は、“ヒスタミン”という物質だと言われることがあります。花粉症やアトピーでツラいとき「抗ヒスタミン薬」というお薬をもらうこともあります。ヒスタミンって良く聞くけど、実際はどんな物質なのでしょうか。私たちにとって、悪い作用をするのか? それともいい所もあるのか。今回は、ヒスタミンについてご紹介します。

そもそも“ヒスタミン”とは何者なの?

ヒスタミンは神経伝達物質の一種で、人のマスト細胞(肥満細胞)で作られます。マスト細胞とは、炎症を起こしたり、アレルギー反応や感染予防に反応する細胞です。アレルギー反応は、アレルゲン(原因物質)によって起こりますが、これらのアレルゲンが体内に侵入すると、細胞はヒスタミンを放出ます。これがアレルゲン侵入のサインとなって免疫機能が働き、鼻水やくしゃみによってアレルゲンを追い出したり、免疫細胞が戦うことでかゆみや炎症の症状が起こったりします。つまりヒスタミンは、私たちの免疫を守る働きをしているのです。ただ、ヒスタミンが過剰に分泌されると、鼻水やくしゃみが止まらなくなったり、花粉症やアレルギーといった症状になってしまいます。

“ヒスタミン”は悪者? それとも正義の味方?

ヒスタミンは免疫機能に大きく関わる物質なので、私たちにとってなくてはならないものです。その意味では、ヒスタミンは正義の味方ということもできるでしょう。ただ、ヒスタミンがマスト細胞の中に納まっているうちはいいのですが、周囲の環境、音や光、ストレスなどの刺激を受けることで細胞外に放出されてしまい、それが過剰になってしまうとアレルギーなどの原因となってしまうのです。また、ヒスタミンには、血管を拡張して血圧を急降下させる働きもあります。

“ヒスタミン”がダイエットにいいと聞いたけど?

最近になって、ヒスタミンに食欲を抑制する働きがあることが分かってきました。脳内のヒスタミン量が増えることで満腹感が増し、食欲を抑えることができるというのです。ヒスタミンには脂肪の燃焼を促進する働きもあり、相乗効果がダイエットに効くとも言われています。ただし、ヒスタミンを含む食べ物を食べたからといって、それらの効果があるわけではなく、逆にアレルギーを引き起こしてしまうこともあります。ヒスタミンは、ヒスチジンというアミノ酸から作られます。ヒスチジン摂ることで、酵素の働きによって体内でヒスタミンが生成されます。また、良く噛むことによってもヒスタミンが生成されやすくなると言われています。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP