ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『デッドプール』続編、映画『ジョン・ウィック』のデヴィッド・リーチが監督に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


主演を務めるライアン・レイノルズとのクリエイティビティの相違により、ティム・ミラーが映画『Deadpool 2(原題)』の監督を降板しておよそ1か月後、映画『ジョン・ウィック』のデヴィッド・リーチ監督が後任を務めることが決定した。

シャーリーズ・セロンが主演を務めるスリラー映画『The Coldest City(原題)』を手掛けたリーチ監督は、10月22日(現地時間)にミラー監督が続編を降板した後、後任の有力候補として名が挙がっていた。ミラー監督の降板は、脚本の開発プロセスに入っていた時に起こり、続投が大いに期待されていただけに驚きをもって受け止められた。

4月にラスベガスで開催されたシネマコンで、米20世紀FOXは、レイノルズもミラー監督も続投するであろうことを発表した。2016年のバレンタインデーに公開された映画『デッドプール』は、同スタジオに大ヒットをもたらした。同作は、全世界で7億8600万ドルという興行総収入を上げ、R指定の映画作品として過去最高の興行収入を記録した。

『デッドプール』のクリエイティブ・チームの大半は、続編『Deadpool 2(原題)』に参加することが決まっており、スナイダーがシネマコンで認めたところによると、前作の脚本を手掛けたレット・リースとポール・ワーニックも続投するようだ。米20世紀FOXは現時点では、『Deadpool 2(原題)』の公開日を確定していない。

リーチ監督は、映画『ジョン・ウィック』でチャド・スタエルスキと共同監督を務めて監督デビューを果たした。リーチ監督とスタエルスキ監督は、以前、スタント・コーディネーターとセカンド・ユニット・ディレクターとして働いていた。

米20世紀FOXは、『デッドプール』の第3弾の開発をスタートしたとされているが、現時点では監督は確定していない。同スタジオは、コメントを控えた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP