ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHKで「金田一耕助」のドラマ、映画ラッシュのなぜ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 名探偵・金田一耕助を主人公にしたドラマや映画の放送増えている。NHK が、総合テレビ、BSプレミアムで、金田一作品を相次いで投入しているのだ。その見どころについてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 高倉健、三船敏郎、役所広司。海外でも高く評価される日本の名優が共通して演じた役といえば?

「金田一耕助」

 ピンポーン!  その金田一が今秋、突然、何度目かのブームになりつつある。仕掛けたのはBSプレミアムである。

 金田一耕助といえば、推理小説家・横溝正史が創り出した名探偵。第二次大戦前後、因習や複雑な人間関係がからみあって勃発する殺人事件を追う。その事件もたたりの伝承や手毬唄になぞらえて呪わしく演出されるのがお約束。独特ムードが漂うミステリーだ。

 昭和二十年代の片岡千恵蔵版や冒頭の三名優版など、これまで数多くの映画やドラマが作られてきたが、なんといっても大ブームになったのは、1976年の市川崑監督の角川映画『犬神家の一族』。金田一は石坂浩二である。その後、古谷一行主演のドラマ版がスタート。

 シリーズの第一作『犬神家』は最高視聴率41.5%を記録する大ヒットとなった。モノクロ映画時代は洋装の颯爽とした金田一も多かったが、石坂以降、(映画『八つ墓村』の渥美清を除けば)、よれよれの袴に着物、ぼろい帽子を被って、四角いトランクを持った、金田一ルックとも呼びたいスタイルが定着。西田敏行、豊川悦司、小野寺昭、鹿賀丈史、片岡鶴太郎、上川隆也、稲垣吾郎、長瀬智也、山下智久らが演じてきた。
 
 そんな中、先日、BSプレミアムで放送された『スーパープレミアム 獄門島』。金田一は、長谷川博己であった。

 日本への復員船の中で病没した戦友鬼頭千万太に頼まれ、金田一は千万太の故郷・獄門島にやってきた。しかし、千万太が心配していた通り、三人の妹が次々殺される。例によって犯人はわざわざ娘の死体を逆さづりにしたり、重たい釣鐘に隠したり、謎めいた演出をせずにはいられない。さらに島に潜伏していた海賊も闇討ちにされる。ただでさえ、地獄のような南島からの復員直後でトラウマを抱え、袴も身体もよれよれ度歴代一番の長谷川金田一は、混迷する事件に一睡もできず、目がすわった状態。ぼさぼさ頭をかきむしり、「たった三日で三姉妹と海賊を始末した。なんなんですか、この島は!?」と大絶叫。きえーっ、顔面蒼白の探偵の顔が一番怖いって。どんなドラマなんですか、これは!?

 しかし、NHKの金田一攻勢はこれだけではない。BSプレミアムの昼の映画で、『悪魔の手毬唄』『八つ墓村』『犬神家の一族』『獄門島』を次々放送。さらに24日から26日には、BSプレミアムで『シリーズ横溝正史短編集 金田一耕助登場!』で新作ドラマ三連作を放送するのだ。この三作は、横溝初期の短編を映画やCMなどで活躍するクリエイターが映像化したもので、金田一が誰かと思ったら、池松壮亮!

 池松金田一は、百貨店で万引きを繰り返す謎の令嬢がからんだ「黒蘭姫」や義足の男の行方を追う「殺人鬼」、青酸カリの毒殺トリックを解く「百日紅の下にて」の三事件と遭遇。短編だけに約30分で解決する腕のよさ(?)も斬新だ。

 地上波の民放がお仕事ドラマを揃える中、独自のおどろおどろ路線で攻めてくるBSプレミアム。かつてのブームを知る世代、池松ファン世代、濃厚ドラマ好き層をガッチリつかむ、うまい手といえる。

【関連記事】
藤原紀香 愛之助も出演する新ドラマで新米バスガイドに挑戦
タモリとマツコ・デラックス ビシッと決めた見事な和装姿
母性が目生えた安藤サクラ、臼田あさ美と子役と3ショット

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP