ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高血圧の人には精製塩より岩塩や色のついた天然塩の摂取推奨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米国医学研究所が2013年に公表した「集団ナトリウム摂取量実態報告」では、「心疾患や脳卒中では、塩分摂取量が低いと病気の見通しに悪影響を与えることがある」と示されている。塩分不足のリスクについて、白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二氏は警鐘を鳴らす。

「塩の主成分であるナトリウムは、血圧を維持するために必要な栄養素です。また、高齢者ほど血圧を気にして塩分を控えがちですが、塩分不足により喉の渇きを感じにくくなって脱水症状に陥るケースがある。塩分摂取量の不足で認知機能が低下するという報告もあります。“減塩すれば元気で長生き”という風潮は改めるべきでしょう」

 2014年にアメリカ高血圧学会誌にニールス・グラウダル博士が発表した論文によれば、最も好ましい健康結果が出た塩分摂取量は、米国の推奨基準を大きく上回る6.7~12.6グラムだった。摂りすぎはよくないが無理に塩分を控える必要はないのである。

 ただし、厚労省が目標とするレベル(男性8グラム)の減塩を実施したほうがいい場合もある。糖尿病患者やその予備軍、肥満の人がそれに当たる。慢性腎不全など腎臓病患者は特に塩分を体内に溜め込みやすくなっているので注意が必要となる。「塩分を摂取しても、血圧が上がる人と上がらない人がいる」という点にも注意が必要だ。

「塩分を摂ると血圧が上昇する『食塩感受性』を有する人がいます。本来体外に塩分を排出する働きの腎臓が塩分を再吸収してしまうために尿として排出しづらい体質です。

 これまでの研究で、日本人の約20%が食塩感受性の遺伝子を持つことが判明しています。現代の医学では食塩感受性が発生するメカニズムはわかっていませんが、遺伝する可能性が高いと推測されているので、血縁者に高血圧患者がいる人は減塩をしてもよいでしょう」(同前)

 摂取する塩の「質」にも左右される。真っ白な「精製塩」より岩塩や天日塩のような色のついた「天然塩」のほうがいいと前出・白澤氏は話す。

「工業的に作られた精製塩は99.9%が塩化ナトリウム(塩分)で、他のミネラルがほとんど含まれていません。

 一方、海水を元にした天然塩に含まれるミネラルの成分は、塩化ナトリウム約78%以外に、便通をよくするマグネシウムが6~9%、ナトリウムを体外に排出することで血圧を下げるカリウムが約2%含まれている。バランスよくミネラルを摂取できる天然塩は、血圧を上がりにくくすると期待されています」

 これらの中でも高血圧改善の鍵を握るのがマグネシウムだ。

「健康な人の血圧が加齢によって上がるのは、血管周囲の筋肉が衰えることで血管のポンプ機能が低下し、それを補うために心臓が高い圧力で血液を送り出そうとするからです。マグネシウムには血管のポンプ機能を助ける働きがあるので、摂取すれば血圧は下がるといわれています。他にも、塩分を排出するカリウムやカルシウムも多く含まれるので、天然塩を積極的に料理に取り入れれば、血圧を下げる効果を期待できます」(同前)

 精製塩を直接なめると塩気のみを感じるが、天然塩ではそれ以外の複雑な味わいが感じられる。これは、マグネシウムが旨味やコクを、カルシウムが甘味を、カリウムが酸味を感じさせるからだ。少々値は張るが、薄味で我慢してきた中高年にとって、救いの手となるかもしれない。

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
死因となる高血圧対策 おいしく減塩するための10か条
3つのミネラルと食物繊維 薬に頼らず血圧下げる新DASH食
みそ汁が高血圧対策の「切り札」として見直されている

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP