ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三田友梨佳アナ 永島優美アナに急接近しミタパン派閥結成か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビアナウンス室の最大派閥は生野陽子アナ(32)率いるショーパン派。旧カトパン(加藤綾子)派出身でいまや局のエースとなった椿原慶子アナ(31)との関係も良好で、山崎夕貴アナ(29)や宮司愛海アナ(25)も取り込んで、ショーパン派は一気に最大派閥となった。

 一方で、ひとり取り残された形となったのがミタパン(三田友梨佳・29)だ。
 
「ミタパンはどちらの派閥にも属していなかった永島優美アナ(24)に急接近しています。局内では『ミタパン派結成か』なんて囁かれている」(フジテレビ幹部)

 すでにショーパン派vsミタパン派のゴングは鳴っているという。

「ショーパン派の宮司アナとミタパン派の永島アナは、現在の『めざましテレビの2トップ』です。

 でも、2人は口も利かない関係だともっぱらです。永島はフリーの岡副麻希(24)とばかり話している。年次も1年違いだからお互いに強いライバル心を持っているようです。2017年カレンダーでも、宮司アナはまだ2年目にもかかわらず、ひとりで10月の顔を務めている。永島アナとしては内心面白くないはずです」(同前)

 2人の関係は、かつてのカトパンとショーパンの関係に近いのかもしれない。

 華やかな女子アナの世界。だがテレビ画面に映らない場所では、激しい“派閥抗争”が行なわれているようだ。かつての「女子アナ王国」の行方は何処へ──。

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
フジテレビでカトパン派結成でショーパンが隅に追いやられた
生野陽子 同期の彼氏・中村はカトパンからの略奪愛と関係者
フジ女子アナ事情 カトパン株上昇で生野陽子の存在感希薄に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。