ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国軍初の女性パイロットが事故死 事故多すぎとの指摘も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国空軍の戦闘機「殲10(J-10)」を操縦する女性初のパイロットがアクロバット飛行の訓練中に事故死したことが中国メディアに大きく伝えられた。中国軍女性パイロットの1期生だっただけに、中国メディアばかりでなく、ロイター通信やCNN、BBCなど欧米の報道機関も大きく伝えた。「中国パイロットの事故が多すぎる」「飛行1000時間で正規のパイロットにするには、訓練が足りないのでは」などと批判的な報道も目立っている。

 中国軍上層部もあまりの影響の大きさに驚いたのか、やはり中国唯一の航空母艦「遼寧」で離着陸訓練中に事故死したベテランの男性パイロットに習近平国家主席(中央軍事委員会主席)が自ら「強軍英雄」の勲章を授与するなど、火消しに懸命だ。

 中国共産党機関紙「人民日報」は女性パイロット余旭さん(30)の事故死を1面で顔写真付きで報じ、さらに11面でも紙面の半分を使って、訓練中の余さんの写真を大きく掲載した。

 余さんは中国内陸部の四川省崇州市出身で、2005年7月、女性初の戦闘機パイロット候補35人の一人として入隊。その中から、軍の大学に入学が許された16人の中に入り、さらに4年後には4人の卒業生の一人として、女性パイロットとして正式に採用された。

 その後は、軍事パレードや中国各地の空軍基地での航空ショーなどに参加し、アクロバット飛行を演じてきた。ところが、11月初旬、河北省で訓練中、事故が発生し、機体から脱出したが、他のジェット機の翼に激突して死亡した。もう一人の乗務員はパラシュートで無事脱出し、生還したという。

 人民日報傘下の「環球時報」は余さんの事故死について「中国に4人しかいない国産ジェット戦闘機を操縦できる女性パイロットの一人であるため、中国空軍にとって大きな損失だ」と伝えている。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は中国では戦闘機パイロットの訓練中の事故が多いとして、9月下旬には天津で、5月にも浙江省で、4月には空母「遼寧」上で事故が発生していると報じた。

 その原因として、同紙は「欧米では正規のパイロットになるには飛行時間は1500時間以上であるのに対して、中国軍は1000時間で、訓練が足りないのではないか」、「戦闘機の性能自体が悪く、機体に構造的な問題がある可能性も」など、専門家のコメントを紹介している。

 このようななかで、習主席の命令として、今年4月に「遼寧」号の離着陸訓練で死亡したAクラスの戦闘機パイロット、張超・海軍少校(少尉に相当)に対して、「強軍先鋒」の勲章と栄誉称号を授けることが決まった、と報じられた。

 これについて、サウス紙は「失態続きの中、軍幹部が軍内の士気向上のために勲章授与を決めたのでは」と指摘している。

【関連記事】
中国の戦闘機が天津市の公園に墜落か 中国内で報道せず
自衛隊F15戦闘機 1機当たり1時間の飛行訓練経費は200万円
空自ブルーインパルス 隊員に選ばれるのは「この上ない名誉」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP