ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尾崎世界観、「声をかける問題」を熱く語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観)。11月21日のオンエアでは、尾崎の周りで起きた偶然の出来事から、尾崎が日頃考えていることへトークが展開していきました。

以前から、親知らずが生えてきたという話をしていた尾崎。ついに先日、診察のために大学病院に行ってきたそうです。その日は診察だけで抜歯はしなかったそうですが、診察を終え、お会計を待っていると、聞き覚えのある名前が呼ばれたのだそう。「聞いたことあるなあ」と思っていると、尾崎がファンである東京ヤクルトスワローズのある選手だったのだそうです!

その選手はシーズン終盤から病気で休んでいたそうで、「ちょっと気になって、自分の名前は呼ばれてもないのにそこに行ったんですね。そしたらやっぱりその選手で…まあ、声はかけなかったんですけどね。後ろ姿に念じておきました。『来年も活躍してください』というのと、『病気が治りますように』っていうのをね」と、誰にも知られず心の中でお祈りしたのだそうです。

そんな尾崎は“声をかけられること”について思ったことがあるそう。

クリープハイプのほかのメンバー、カオナシさん、小川さんと山手線に乗っていた時のこと。体がぶつかるほど近くにいたカップルの2人が尾崎たちに気付き、“吹き出すほど”笑ったんだそうです。

「僕はやだなと思ってちょっと離れたんです。そしたら電車が動いて何駅か行ったくらいで、そのカップルがカオナシに『すいません、クリープハイプの…』と聞いてるのが聞こえてきて…なんでそのタイミングなんですかね。ふつう、最初か最後ですよね? 降りるまでの何駅か…お互い気まずいじゃないですか。(中略)『今日はどちらに行かれてたんですか?』『デートですか?』とか聞くわけにもいかないじゃないですか」と話す尾崎。「声をかけられるのは嬉しいことなんですけど」としながらも、「僕はヤクルトファンですが、病院で会ったその選手には話しかけませんでしたよ」と自分の病院の行動を再度強調する尾崎でした(笑)。

この日の放送では他にも、尾崎とひいおばあちゃんの話が明かされたり、「SPARK BOX」に番組に送られた「尾崎の誕生日を祝う歌」を紹介したり、盛りだくさんで行われました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 深夜1時−2時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP