ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

湯舟から紅葉ビュー!情緒たっぷり。紅葉を眺められる温泉【長崎編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋に見たい景色NO1・美しい紅葉の季節が今年も到来しました♪

ただ紅葉を眺めるだけでは、毎年同じで物足りない…。

今回はそんな方におすすめしたい、紅葉観賞と温泉を同時に楽しめる長崎県の「紅葉温泉」を集めました!

湯舟に浸かりながら紅葉を眺められるなんて、この時期ならではの贅沢ですよね。

ゆったり気分で紅葉観賞を楽しめますよ◎

各エリアの見頃をチェックしつつ、さっそくお出かけしてみましょう!

東園【雲仙温泉】

まろやかな美肌湯とともに湖畔の温泉で紅葉ビュー!

源泉100%かけ流しの露天風呂(女湯)※場合により加水・加温あり

紅葉見頃/10月下旬~11月中旬

周囲約2.7kmのおしどり池のほとりに佇む、豊かな自然に囲まれた宿。露天風呂はもちろん、内湯からも紅葉で美しく彩られる池を一望できる。雲仙でトップクラスと言われる、メタケイ酸豊富でなめらかな美肌の湯を堪能しよう。 東園(あずまえん)

TEL/0957-73-2588

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙181

料金/大人1800円、4歳~ 小学生900円

アクセス/長崎道諫早ICより1時間

駐車場/80台

「東園」の詳細はこちら

※シャンプー&リンス/あり

※ボディソープ・石けん/あり

※ドライヤー/あり

※バスタオル/レンタル108円

※フェイスタオル/レンタル無料

雲仙 富貴屋【雲仙温泉】

秋色に輝く山々と自慢の乳白色の硫黄泉を。

秋には綺麗な赤色に染まる山々を望める露天風呂(女湯)

紅葉見頃/10月下旬~11月中旬

雄大な山々と雲仙地獄を望む、創業100年を迎える老舗旅館。大正ロマンを彷彿とさせる広々とした大浴場で、雲仙ならではの乳白色の硫黄泉を堪能しよう。タオル、ソフトドリンク付きで、手ぶらで気軽に立ち寄れるのも◎。 雲仙 富貴屋(ふきや)

TEL/0957-73-3211

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙320

料金/大人1000円、小学生以下500円

アクセス/長崎道諫早ICより1時間10分

駐車場/60台

「雲仙 富貴屋」の詳細はこちら

※シャンプー&リンス/あり

※ボディソープ・石けん/あり

※ドライヤー/あり

※バスタオル/レンタル無料

※フェイスタオル/レンタル無料

雲仙スカイホテル【雲仙温泉】

今日はどんな色かな?7色に変わる不思議な温泉。

絹笠山を望む「絹笠の湯」。男女入替え制

紅葉見頃/10月下旬~11月中旬

雲仙温泉街の中心にあり、地獄巡りと一緒に気軽に立ち寄れる。季節や天候によって、赤、エメラルドグリーン、白など、湯の色がほのかに変わるミステリアスな湯を堪能しよう。野趣あふれる庭園露天風呂で雲仙の秋を感じて♪ 雲仙スカイホテル

TEL/0957-73-3345

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙323-1

料金/大人700円、1歳~ 小学生400円

アクセス/長崎道諫早ICより1時間

駐車場/10台

「雲仙スカイホテル」の詳細はこちら

※シャンプー&リンス/あり

※ボディソープ・石けん/あり

※ドライヤー/あり

※バスタオル/レンタル100円

※フェイスタオル/販売100円

国民宿舎 青雲荘【雲仙温泉】

真っ赤に燃える森を前に湯量豊富なにごり湯を。

湯船につかりながら紅葉狩り♪(男性露天)※女性露天はモミジなし

紅葉見頃/10月下旬~11月中旬

小地獄温泉の源泉を自家所有し、1日の湧出量はナント440t!広々とした浴槽が、源泉100%かけ流しで満たされるのは、豊富な湯量があるからこそ。赤く染まる森の紅葉を眺めながら、自慢のにごり湯を心ゆくまで堪能しよう 国民宿舎 青雲荘

TEL/0957-73-3273

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙500-1

料金/大人660円、4歳~12歳330円

アクセス/長崎道諫早ICより1時間10分

駐車場/200台

「国民宿舎 青雲荘」の詳細はこちら

※シャンプー&リンス/あり

※ボディソープ・石けん/あり

※ドライヤー/あり

※バスタオル/レンタル110円

※フェイスタオル/販売110円

※この記事は2016年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

グルメスポットや温泉など人気スポットがいっぱい!米どころ山形のおすすめスポット20選!
誰かに話したくなる!歴史と浪漫を感じる「ザ・温泉」【関東編】
湯舟から紅葉ビュー!情緒たっぷり。紅葉を眺められる温泉【大分編】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。