ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中目黒高架下

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カフェ、インテリア、ファッション。

2018年には「スターバックス リザーブ ロースタリー」も出店するなど、さまざまなカルチャーの発信地になっている中目黒。

その勢いを加速しそうなのが、11月22日にオープンした高架下の新施設「中目黒高架下」。

高架橋の同じ屋根の下、個性豊かなショップによって、時間や空感、情感をシェアできるホットなスポットです。

クリエイティビティを刺激する「中目黒 蔦谷書店」

なかでも、待ち合わせや、ふと時間があいたときに立ち寄りたいのが「中目黒 蔦谷書店」。

中目黒駅正面改札を出てすぐ、山手通りを挟んだ向かいにあります。

クリエイターやデザイナーが集う街ということもあり、クリエイティブを刺激する本や雑誌が多く揃います。

ゆっくり本を読んだり、コーヒーを飲みながら友人を待ったり。また、アイデアやインスピレーションをかたちにするワークカウンターなどもあるので、ここだけで充実した時間が過ごせそう。

ひとりでもふらっと気楽に入れる高架下

ほかにも、全長約700メートルに渡る高架下には、フードのお店やバルが充実。

スープ専門店やベーカリー、おでんに餃子、スペインバルなどなど。なにを食べたいのかわからなくても、ここに行けばひとつは見つかりそうです。

また、「MHL.」や「青山フラワーマーケット」、すてきな贈りものが見つかりそうなワイン&チーズ専門店やギャラリーなども併設。

高架下のいいところは、ひとりでもふらっとカジュアルに入れるところ。店主はもちろん、そこにいるお客さんまでも、自分を受け入れてくれるような懐の深さを感じます。

人恋しくなる冬。心もからだも温まりそうな場所を見つけました。

中目黒高架下

■ あわせて読みたい

デニムもジュースも持ち帰り可。SNSみたいにアートもシェアする
餃子好きたるもの、新店舗は押さえておきたい
遠まわりするなら、渋谷公園通り。まっすぐ家に帰りたくない夜
やさしくなれた。目黒川を桜色に染めるイルミネーション
YO! ヒップホップを全身に浴びてヨガ。ドープな音で自分深まる
スマホを持って鎌倉散歩。新しい出会い見つかる
直帰したくない夜はどこへ行く? あなたの恋愛の弱点がわかる #深層心理

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP