ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご当地名物からB級グルメまで!石川県の人気グルメとおすすめ店10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit:房川麻紀「北陸新幹線一周年」

こんにちは。Compathy Magazineの川島です。
石川県は、北陸地方に位置する都道府県の1つ。2015年に北陸新幹線が金沢まで開通し、東京方面からのアクセスも便利になった注目の観光スポットです。そんな石川県は北を海、南を山に囲まれた地域に位置しており、幅広い種類の食材が手に入るエリアとしても知られています。
石川県には、地元の食材を使用したご当地名物や、そこでしか味わえないB級グルメまで、バリエーション豊かなグルメが盛りだくさん! 今回は、石川県の人気グルメと、そのグルメを食べることができるおすすめレストランについて紹介します。

石川のおすすめご当地グルメとレストラン12選

1.のどぐろ

Photo credit: Norio NAKAYAMA via flickr cc

のどぐろは、石川県付近の海で採れる魚のこと。喉の奥が黒い魚なので通称のどぐろと呼ばれていますが、正式名は”赤むつ”で赤くてクリクリした目が特徴の魚です。
のどぐろは脂のノリが良く、”白身のトロ”と言われ古くから幻の魚として重宝されていたそう。北陸地方では高級魚として扱われており、約200gで1,200円、大きいものだと1尾で10,000円の値がつくこともあります。
ちなみにテニスの錦織圭選手が2014年全米オープンのあと、「のどぐろがあったら食べたい。」と発言したことで一時期品切れになるほど人気が殺到したのだとか……。焼き魚にしたり、そのまま刺身で食べたりとさまざまな調理法があるので、ぜひいろいろなレシピののどぐろに挑戦してみましょう。

いたる本店:地元でも人気の海鮮居酒屋

Provided by

「いたる」は、金沢市内に位置する海鮮居酒屋。看板メニューはのどぐろの塩焼きで、地元の金沢市民によって行列ができるほどの人気店です。
のどぐろのほかにも日本海の冬の味覚を代表する寒ブリやカニなど新鮮な魚料理を提供しており、厳選された石川産の日本酒と一緒に堪能することができます。”酒と人情料理”をコンセプトとするこちらのお店では、“いたる”ところに笑顔が溢れるお店と言えるでしょう。

いたる 本店
住所:金沢市柿木畠3-8
アクセス:北陸鉄道バス「香林坊(こうりんぼう)」、「広坂(ひろさか)」両バス停から徒歩5分
営業時間:17:30〜23:30
定休日:日曜日
電話番号:0762214194
公式サイト:いたる

 

加能ガニ(ズワイガニ)

石川県・海鮮グルメの王様と言われているのが、ズワイガニ。特に石川県産のズワイガニのことを、加能ガニと呼びます。
加賀(石川の旧称)と能登半島の頭文字をとって名付けられた加能ガニは、引き締まった身のプリプリとした食感が特徴。加能ガニは毎年11月上旬から3月中旬頃にかけて市場に解禁されます。加能ガニに挑戦したいという方は、解禁期間に合わせて石川県を訪れるのも良いでしょう。

鮨 志の助:ミシュラン獲得の本格的な寿司店

Provided by

「志の輔」は、ゆったりとカウンター10席のみが並ぶお寿司の専門店。ミシュランガイドで一つ星を獲得している名店で、職人の方が丁寧に握ったお寿司がこだわりの器で提供されています。
固定メニューは無く、季節ごとの旬な食材を職人さんがおまかせで握ってくれるスタイルが粋な演出。冬はズワイガニの寿司が人気を集めています。値段は高めですが、石川の本格的な海の幸を味わうならぜひ足を運んでみたいお店と言えますね。

志の助(しのすけ)
住所:金沢市入江3-73
アクセス:JR「金沢」駅西口よりタクシーで約10分
駐車場:4台
電話番号:0762165280
営業時間:12:00〜14:30(最終入店13:30)、18:00〜21:00(最終入店19:00)
定休日:水・日曜日・祝日
公式サイト:志の助

 

3.海鮮丼

Photo credit:房川麻紀「北陸新幹線一周年」

海に面している石川県では、新鮮な魚介類をふんだんに使用した海鮮丼が人気。なかにはエビやカニ、いくら、まぐろ、ウニ、サーモン、イカなど、10種類以上の海の幸を使用した豪華な海鮮丼もあります。
海鮮丼を提供しているお店には、醤油やお酢も地元産のものを使用するなどこだわりを感じるポイントも。石川の魚介類を幅広く味わうなら、いろいろな種類の海鮮がトッピングされた海鮮丼がおすすめです。

山さん寿司 本店:ボリューム満点の海鮮丼は金沢観光のランチにもぴったり!

Provided by

「山さん寿司」は、金沢近江町市場内にあるお寿司屋さん。海鮮丼激戦区の中でも人気を誇るお店で、18種類のネタを使ったボリュームたっぷりの海鮮丼が看板メニューです。
海鮮丼のほかにもおにぎりや、おまかせ丼、いくら丼、てっか丼などメニューの種類も豊富なのも嬉しいところ。朝のオープン後は、ネタまたはシャリが無くなると閉店してしまうので早い時間に訪れるのがおすすめです。また金沢駅からも徒歩圏内なので、観光の合間のランチに立ち寄るのも選択肢の1つと言えるでしょう。

山さん寿司 本店
住所:金沢市下近江町68 金沢近江町市場内
電話番号:0762210055
アクセス:JR「金沢」駅東口から徒歩約10分
営業時間:7:30〜ネタとシャリがなくなるまで
定休日:不定休
公式サイト:山さん寿司

 

4.金沢カレー

Photo credit:Kanesue via flickr cc

金沢カレーとは、石川県・金沢市を中心に親しまれているご当地グルメ。30年以上前から地域一帯で食べられてきたグルメで、市内には金沢カレーの専門店が多く展開しています。
金沢カレーはドロっとしたルーをご飯が見えなくなるまで盛り付け、トッピングとして特製ソースのかかったカツと千切りキャベツを乗せて食べるのが特徴。また盛り付けるお皿はステンレス製、食べる際はフォークか先の割れたスプーンを使うなど、道具類までオリジナリティがあるのも魅力です。

カレーのチャンピオン:東京にも進出している金沢発祥の人気カレー店

Provided by

「カレーのチャンピオン」は、日本テレビ系列の『秘密のケンミンshow』でも紹介された、北陸を代表するカレー専門店。通称”チャンカレ”の愛称で親しまれるこちらのお店は1日の来店人数が1200人以上にものぼると言われ、2007年からは東京などの首都圏にも進出しています。
安い・早い・うまいが合言葉のカレーのチャンピオンは、ボリューム満点のLカレーでも750円という価格も魅力の1つ。地元の人の間ではマヨネーズのトッピングも人気であるそうなので、ぜひカレーとの組み合わせに挑戦してみてください。

カレーのチャンピオン
住所:石川郡野々市町高橋町19-18
電話番号:0762481497
定休日:年中無休
営業時間:11:00〜24:00
公式サイト:カレーのチャンピオン

 
カレーの市民 アルバ 金沢鳴和店:あの有名野球選手も通ったという逸話が残るカレー店

Provided by
               
「カレーの市民 アルバ」は、シチューをベースとした欧風のカレーが特徴的なお店。オーナーが2年間のヨーロッパ修行の末にオープンしたこちらのお店は、あの元プロ野球選手の松井秀樹選手も高校時代に通ったという逸話も残っている名店として知られています。
玉ねぎをふんだんに使い野菜と牛肉を一緒に煮込むこと6時間、濃厚な味わいのルーの付け合せは白米・パスタ・五穀米から選ぶこともできます。なかでもとんかつやハンバーグ、コロッケ、ウィンナーなどが乗った”満塁ホームランカレー”は、ボリューム満点の贅沢メニューとして人気ですよ。

カレーの市民アルバ 金沢鳴和店
住所:金沢市小金町7-20
電話番号:0762533753
営業時間:11:00〜21:00
定住日:火曜日
公式サイト:カレーの市民アルバ

 

⒌ 金沢おでん

Photo credit:Shino「金沢1日目」

石川県金沢市は日本で1番おでんが食べられている地域で、1年中おでんを食べることができます。金沢のおでんの特徴は、カニ面、肉いなり、バイ貝、赤巻、ふかしなど、海鮮を使用した変わりネタがたくさんあるところ。特に香箱ガニの雌の身や内子、みそを甲羅に詰めた”カニ面”は、金沢における冬の名物として人気を集めています。

赤玉 本店:金沢独特の具が楽しめる老舗おでん料理店

Provided by

「赤玉」は、金沢の繁華街の一角にある老舗のおでん屋さん。1927年創業と長い歴史をこちらのお店では、大根、卵などの定番からタコ、バイ貝、イカ天など、海に近い金沢ならではの魚介類を使用したおでんの具を楽しむことができます。
おでんのほかにも、牛スジや湯豆腐などの一品料理や、おでんのお供にも最適なお酒類も扱っています。どの具材を選んだら良いか分からないという方にはおでんの盛り合わせなどのメニューも用意されているので、ぜひチェックしてみてください。

赤玉本店
住所:金沢市片町2丁目21番地2号
電話番号:0762233330
定休日:月曜日
営業時間:【1F】12:00〜24:00(土・日・祝日 12:30〜)、【2F】17:00〜23:30(日・祝日 〜22:30)
公式サイト:赤玉

  
 

6.加賀野菜

Photo credit:7’o’7 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

加賀野菜は、金沢市農産物ブランド協会が認定する、金沢市産の野菜のブランド。現在はさつまいも、加賀太きゅうり、金沢一本太ネギなど15種類の野菜があります。
これらの野菜は城下町金沢で藩政時代から受け継がれた栽培の歴史が長い野菜で、季節によってさまざまな特産野菜が市場に展開しています。金沢市内では加賀野菜を使った料理を扱うお店が多くあるので、観光の合間にぜひ探してみてください。

御料理 貴船:加賀野菜を使った上品な日本料理

Provided by

「御料理 貴船」は、ミシュランの二つ星を獲得している日本料理の名店。加賀野菜をふんだんに使用したコース料理は盛り付けにもこだわっており、その美しい見た目はおもてなしの精神に溢れています。
お店は金沢の有名な観光スポット「ひがし茶屋街」の近く、”古京都”と呼ばれる情緒ある街並みが並ぶ主計町エリアに位置しています。貴船は昼4組、夜4組のみしか受け付けていませんので、訪問する際は事前に予約するようにしましょう。

御料理 貴船(きふね)
住所:金沢市彦三町1-9-69
電話番号:0762206131
営業時間:11:30〜15:00(最終入店時間13:30)、17:30〜22:30(最終入店時間20:30)、【日曜日】7:00-9:00
定休日:水曜日

 

7.能登牛

Photo credit:Shino
「金沢2日目」

石川県は魚介料理が有名ですが、実は知る人ぞ知る和牛の名産地。石川県で飼育されている能登牛は県外にはほとんど流通していない和牛の品種で、“幻の和牛”や“伝説の肉”などと呼ばれることもあります。
能登牛は脂のノッた柔らかい食感が特徴で、一口食べると芳醇な香りとともにとろけるような肉の旨味がヤミつきの一品です。石川を訪れるなら、ぜひ味わい体グルメの1つと言えるでしょう。

焼肉 味道苑 大手町店:能登牛を焼肉で楽しむ!

Provided by

「焼肉 味道苑」は、能登牛の焼肉を食べることができるお店。網焼きした能登牛を、濃厚なタレやニンニク、唐辛子、ゴマ油などの調味料と一緒にいただきます。
焼肉のほかにもお刺身やチヂミ、ビビンバなどのメニューもあります。お酒とセットになった宴会コース料理なども用意されているので、こちらもぜひチェックしてみましょう。

焼肉 味道苑(みどうえん) 大手町店
住所:金沢市大手町15-24
電話番号:0762317584
営業時間:17:00〜2300
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
公式サイト:焼肉 味道苑

 

わら庄:名物”能登牛のステーキ丼”を食す!

Provided by

「わら庄」は、能登牛を使ったステーキ丼が人気を集めるお店。ビビンバに使う石鍋に盛り付けられたステーキ丼は、ジュージューと音を立てながら熱々の状態で提供されるのが魅力です。
ステーキ丼には、わら庄特製ソースとバターの組み合わせがおすすめ。ジューシーなお肉と濃厚なソースとの絶妙な組み合わせをぜひ体験してみてください。

わら庄
住所:輪島市河井町2-70-5
電話番号:0768221140
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜19:00
定休日:木曜日

 

8番らーめん:北陸の人気B級グルメを味わいたいならここ!

Provided by

日本の各地にご当地ラーメンがありますが、石川のラーメンと言えばこちらの8番ラーメンです。野菜がたっぷりのった太麺のラーメンは、8の模様をしたかまぼこ、通称”ハチカマ”のトッピングが特徴です。
8番の名前は、1967年に加賀市の8号線沿いにオープンしたことに由来するそう。日本各地をはじめ、なんとタイや香港にもチェーン展開している有名店で、北陸の誰もが知っているラーメン店と言えるでしょう。

8番ラーメン 本店
住所:加賀市西島町3番2
電話番号:0761757503
営業時間:11:00〜翌2:00
定休日:無休
公式サイト:8番ラーメン

 

9.郷土料理

石川県には、えびすや柿の葉寿司などさまざまな郷土料理があります。
えびすは別名”ベロベロ”と呼ばれる寒天料理で、お正月やお祭りの際やおせち料理の具としても人気。また柿の葉寿司は、柿の葉の上にしめ鯖とすし飯をのせた押し寿司で、芳醇な香りが絶妙な一品です。
石川県にはほかにも甘えび料理、カプラ寿司、きしず、小松うどんなどさまざまな郷土料理があるので、ぜひお好みのグルメを探してみてください。

加賀屋 金沢店:金沢駅ビルで本格的な郷土料理に挑戦

Provided by

金沢駅の駅ビル「あんと」の一角にある「加賀屋」は、石川県の郷土料理を提供しているお店。なかでも鴨肉や季節の野菜をとろみのある鴨の煮汁でいただく、“治部煮”と呼ばれる料理が自慢です。
また日本海で採れた海の幸を贅沢にいただく懐石料理などのコース料理も提供されているので、こちらも要チェックです。

加賀屋 金沢店
住所:金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街御おみやげ館
電話番号:0762632221
営業時間:11:00〜21:00(ラストオーダー 20:00)
定休日:無休
公式サイト:加賀屋 金沢店

 

10.小松塩焼きそば

Provided by

小松塩焼きそばは、石川県の小松市を中心に食べられているご当地B級グルメ。中国の炒めそば・チャーメンからアイディアを得たのがきっかけであると言われており、長い年月をかけて小松の名物として親しまれるようになりました。
小松塩焼きそばは、太麺ともやし、ニンジン、ネギをいれ塩と醤油で味付けして仕上げた一品。お店によって少しずつ味が異なるので、お好みのお店を探してみるのも楽しみ方の1つです。

餃子菜館 勝ちゃん

Provided by

小松塩焼きそばの元祖は「餃子菜館 清ちゃん」と言われていますが、オーナーのご兄弟がオープンしたのがこちらの「餃子菜館 勝ちゃん」です。看板メニューは炒めそば(小松塩焼きそば)で、中太ストレートの麺とキャベツ、ニンジン、もやし、豚肉を入れて炒め、塩と牡蠣の油で整えた絶妙な味付けが人気を集めています。
勝ちゃんではほかにもさまざまな中華料理のメニューを提供しており、店名の通り餃子も人気メニューの1つです。カウンター席のほかテーブル席、個室も用意されているので、どなたでも気軽に立ち寄れるお店ですね。

餃子菜館 勝ちゃん
住所:小松市土居原町393
電話番号:0761224077
営業時間:11:30〜14:00、17:00〜21:30
定休日:水曜日

おわりに

日本海に面した北陸地方の1県である石川県には、新鮮な魚介類を使用したさまざまなグルメがあります。またほかにも郷土料理やご当地B級グルメなど、幅広い料理を楽しむことができるのも魅力ですね。
北陸新幹線の開通で観光客が訪れ、ますます活気を見せる石川県……。そんな石川県を訪れる際は、ぜひ地元のグルメにも挑戦してみてください。

ライター名:Jumpei Kawashima
Photo by:房川麻紀「北陸新幹線一周年」

Compathyで石川県(日本)の旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、石川県(日本)を訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

石川の関連旅行記ブログ

*momocolさん「金沢と白川郷、雪に埋もれる旅 Feb.2014」

*Toshihito Teraguchiさん「能登半島一周と恋のパワースポットラリー」

*Shino Ichimiyaさん「最新金沢情報!ちょっとディープな金沢旅行」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP