ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タグ・ホイヤー、ローズゴールドの新作スマートウォッチは100万円!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーが新作スマートウォッチを発表した。

TagHeuer

・タグ・ホイヤーのスマートウォッチ「コネクテッド」

タグ・ホイヤー(Tag Heuer)が、同社としては初となるスマートウォッチ「コネクテッド」を発表したのは昨年暮れのこと。

タグ・ホイヤーの特徴的なロゴにチタニウムのケース、価格は1500ドル(約16万円)と、他のスマートウォッチに比べ数倍の値段だった。しかし今回タグ・ホイヤーが発表したのは、同社製品に欠かせないローズゴールド。価格はなんと、これまでのレベルをさらに大幅に上回る9900ドル(約100万円)だ!

・スペック的には前作と同様

ローズゴールドのケースを除くと、スペック的には昨年のモデルとほぼ同じ。インテル製の1.6GHzデュアルコアCPU、メインメモリ1GB、ストレージメモリ4GBを搭載したアンドロイドのスマートウォッチだ。

バンドはブラウンのレザー製。他の製品のようにタグ・ホイヤーのホームページでは購入することができず、同社の販売店でのみ購入が可能だという。

タグ・ホイヤーにとっての朗報は、1万ドル超のモデルを揃えた第一世代「Apple Watch Edition」(18Kケースモデル)の販売が廃止され、このレンジでの競合が現時点では見当たらないこと。一方で、これほどの高価格帯におけるスマートウォッチ市場は依然小さいのも事実。

今後同社はどのような戦略を打ち出すのだろうか。

Tag Heuer’s Android Wear smartwatch now comes in rose gold for $9,900

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。