ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

更年期メイクの悩みを医師が解決!若々しく入られる7つのポイント

  • ガジェット通信を≫

更年期メイクの悩みを医師が解決!若々しく入られる7つのポイント
更年期になると体や心に様々な変化が現れ、やがてお肌にも影響が出てくるようになります。 しかし更年期特有のお肌のトラブルは「メイクの仕方ひとつ」でカバーすることが可能です。歳だからと諦めずに、自分の悩みを把握し、上手な対処法を身につけましょう。 今回はそんな「更年期のメイク」を悩み別に、原因と解決ポイントを医師に説明していただきました。

更年期のメイクの悩み:汗

更年期メイクの悩みを医師が解決!若々しく入られる7つのポイント

原因

更年期になると上半身を中心に、のぼせ・ほてり・発汗などが見られます。顔にも出ますので、汗でメイクが落ちやすくなります。

スキンケア&メイクの解決ポイント

スキンケアでは保湿をしっかりと行うことが大切です。そうすることでメイクのノリや持ちもよくなります。 またメイクではファンデーションの上からパウダーでしっかりと抑えるようにします。化粧直しはこまめに行い、同時にミスト化粧水などで保湿も行うとよいです。

更年期のメイクの悩み:まぶたのたるみ

更年期メイクの悩みを医師が解決!若々しく入られる7つのポイント

原因

加齢に伴い目の周りの筋肉も衰えるため、まぶたのたるみにつながってしまいます。

スキンケア&メイクの解決ポイント

目元の周りの保湿をしっかりと行います。メイクは、アイラインをしっかりめに引き、また睫毛はしっかりとカールさせます。 アイシャドウは暖色系が濃すぎると腫れぼったく見えてしまうので、色や濃さに注意します。

更年期のメイクの悩み:敏感肌 (かゆみ、湿疹、赤みなど)

更年期メイクの悩みを医師が解決!若々しく入られる7つのポイント

原因

ホルモンバランスの変化によって肌のバリア機能が低下することが原因です。

スキンケア&メイクの解決ポイント

乾燥しやすくなりますので、保湿を丁寧に行うことが基本となります。 また化粧品も低刺激のものや添加物ができるだけ入っていないものを使ってください。痒み、赤みなどが出ている場合はできるだけメイクはしない方が無難です。

更年期のメイクの悩み:乾燥肌

更年期メイクの悩みを医師が解決!若々しく入られる7つのポイント

原因

加齢により皮脂の分泌が減少することや、ホルモンバランスの変化によって乾燥しやすくなります。

スキンケア&メイクの解決ポイント

保湿をしっかりと行い、保湿液を付けたあとは、乳液やオイルなどを薄く塗って水分が蒸発しないように被膜をつくることも大切です。 メイクは乾燥肌用のファンデーションを用いた方がいいですね。化粧直しの際に、ミスト化粧水などで保湿も行ってください。

更年期のメイクの悩み:くすみ

更年期メイクの悩みを医師が解決!若々しく入られる7つのポイント

原因

加齢とともに血流が悪くなってしまうことが原因です。

スキンケア&メイクの解決ポイント

顔面~首にかけてのマッサージなどを行い、血行を促進します。 また保湿をしっかりすることが大切です。メイクはコントロールカラーなどをベースに取り入れて気になる部分のくすみを消します。

更年期のメイクの悩み:たるみ

更年期メイクの悩みを医師が解決!若々しく入られる7つのポイント

原因

加齢とともに起こる表情筋の筋力の衰えが主な原因です。

スキンケア&メイクの解決ポイント

表情筋を鍛える体操などを定期的に取り入れるとよいですね。 メイクでは明るい色と暗い色を効率的に使って立体的な印象になるようにするとたるみが目立たなくなります。

更年期のメイクの悩み:シミ・シワ

更年期メイクの悩みを医師が解決!若々しく入られる7つのポイント

原因

紫外線による刺激の蓄積、また肌のバリア機能の低下によっておこります。

スキンケア&メイクの解決ポイント

ビタミンCなどの入った美容液を使うとよいです。 またシワの原因に乾燥が挙げられますので、しっかりと保湿を行うようにしてください。メイクは紫外線対策を十分にしてください。

最後に医師から一言

年齢を重ねると、化粧ののりが違ったり、同じ化粧をしているつもりでも、違った印象に見えてしまいますよね。 化粧は濃淡や高低差をつけて様々な見せ方をつくることができますのでご自身にあったメイクを見つけていかれるといいですね。 またスキンケアは、保湿と紫外線対策をしっかりと行うことが基本となります。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

和温療法で心不全や更年期障害を治療 気になる健康効果を解説《あさイチ》
閉経後の脳の変化 女性を待ち受ける更年期障害は心のケアで
「更年期障害」の漢方治療って?その効果について教えて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。