ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Raphael 最後の檜舞台で伝えたかったメッセージ「忘れないで下さい、あなた方もRaphaelの命の恩人です」そして……

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 華月(g)の17回忌、メンバー邂逅20周年(結成からは19年)という節目の年を迎えたヴィジュアル系ロックバンド Raphael。今春より最後の全国ツアー【Raphael Live Tour 2016「癒し小屋」】を繰り広げていた彼らが、これまでのすべての活動に決着をつけるラストライブ【Raphael Live 2016「悠久の檜舞台」】をもって解散した。

Raphael 解散ライブ写真一覧

<喜びも悲しみも希望も絶望もすべて「決して死ぬことのない音楽」へ昇華>

 今年4月7日 渋谷TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブ(http://bit.ly/27CWPRH)で「少年だった僕の夢は……今年の活動で終わりを迎えます。それと同時に同じ夢を描いた4人が集まって結成されたバンド、Raphaelも終幕を迎えます」と、YUKITO(b)の口から告げられた今回の解散。メジャーデビュー、初の日本武道館、リーダー華月の死、12年にもわたる活動休止期間、賛否両論も巻き起こる中で開催された再演ライブ等々、19年間にわたってメンバーと苦楽を共にしてきたファンが、10月31日 第壱夜 白中夢、11月1日 第弐夜 黒中夢と2daysにわたってZepp Tokyoにて開催されたラストライブに集結した。

 また、同公演には、ANCHANG(SEX MACHINEGUNS)、咲人(NIGHTMARE)、夢人(ベル)、都啓一(Rayflower)、潤(ALvino)、美月(Sadie、The THIRTEEN)、Ommy、Tokky、刻(Black Gene For the Next Scene)と、Raphaelと縁の深いスペシャルゲストも集結、楽曲によって次々と入れ替わる形で登場。巨大なLEDスクリーンをバックにした2階建てステージの上段には、HIROが操縦する大迫力のドラ付きドラムセット、その両サイドにはマニピュレーターとキーボードorストリングスチーム、下段の両サイドは前述の豪華ゲストギタリスト陣がめくるめく形でポジショニング。その中心には、リーダー代理としてRaphaelの看板を背負い続けてきたフロントマンであるYUKI(vo)、その右隣には、同公演をもって音楽活動から引退するYUKITO(b)がデビュー当時の髪型で立つ。そして左隣には、華月のギターと彼のサウンドを響かせるアンプが設置されていた。

 そんな完璧の布陣でラストライブに臨んだ彼らは、Raphaelの全楽曲を計2日間約7時間にわたって余すことなく披露。愛と敬意はもちろん、19年にわたる活動期間の中で背負ってきた喜びも悲しみも希望も絶望もすべて各曲に乗せ、同じくそのすべてを共有してきた同志とも言えるファンと「決して死ぬことのない音楽」を創造していく。

<「悲しいだけで終わらせちゃダメだよ。約束してね」>

 華月の命日でもある10月31日の公演、YUKIは華月が若くして生み出した名曲の数々を歌っていく中でこう語った。「2016年だよ、今。またこうして舞台の上で奏でることが出来て、それを聴いてくれる人たちがこんなにたくさんいて、そして、奏で終わった後に拍手をくれるんだよ? こんなに素晴らしいことってないよね。ヤキモチという意味で本当に悔しいけど、華月は天才だと思います。人の心に刺さる歌詞があって、メロディーがあって……とてもじゃないけど、自分が10代のあの頃に紡げたかと言ったら到底無理だと思うし、何よりも、時を経て今こうして奏でていても色褪せていない。最近作った曲ですと言っても違和感のない耳ざわり……あの頃の華月には、この未来が少しでも見えていたんだろうか? 答えは分からないけれども、今こうして奏でて、そして聴いてもらえる。この現実も正解のひとつだよね。作品がまだ生きているということ。音楽は死なないということ。今日と明日、2日間かけて「音楽は死なない」このキーワードをみんなの心に深く深く刻んでもらえるように、時間の許す限り、この声が枯れるまで全力で奏でていきたいと思います」

 そして「目に見える景色だけが本当の景色じゃない。1人1人の五感をフルに使って、文字通り音を楽しんでいってください。悲しいだけで終わらせちゃダメだよ。約束してね。自分たちの力で文字通りの音楽に辿り着くんだよ。そして、その先をみんなで生きていくんだよ」とメッセージし、その後の音楽もひとつひとつ愛でるように優しくも激しく歌い奏で、本編の最後に披露した「eternal wish~届かぬ君へ~」ではYUKIが華月のギターを抱え、アンプから聴こえくる華月のギターと音を重ねていく。Raphaelの物語を、Raphaelの音楽を悲しみで終わらせない為のセレモニーとも言えた同公演においてそのシーンは、あまりに意味深く、もちろん多くの人が涙を堪えきれずにいたけれど、その音楽に贈られた拍手喝采はとてもポジティブな音色を奏でていたし、Raphaelの音楽は明日へ向かう為の糧として確実に機能していた。

<「生きてるか? ……生きてるかぁぁぁ!?」すべてを届ける意思>

 解散を迎える11月1日の公演、その色合いは更に濃くなった。YUKITOの髪型に限らず、HIROもYUKIも原点回帰を思わせるヘアスタイルにチェンジし、なんと衣装もデビュー当時のものを復活させ、この上ないファンサービスを展開。YUKIが突如堪えきれず涙を溢れさせる場面もあったが、それすらも悲しみで終わらない為の成分として昇華していたし、Raphaelが最後の新曲として生み出した「Ending~華弦の月~」「Love story ~悠久の四重奏~」はもちろんのこと、すべての音楽が恐ろしいほど強烈な生命力に満ち溢れていた。「生きてるか? ……生きてるかぁぁぁ!?」誰もが一切余力を残す気のない、観る者の度肝を抜く全身全霊の演奏を繰り広げ、HIROのドラマー人生を一撃一撃に乗せたと思われるドラムソロも圧巻。さらには、YUKITOがおそらく○パン三世をイメージしたと思われるユパンなるキャラクターに、HIROがおそらく刑事○ロンボをイメージしたと思われる刑事ヒロンボに扮し、ステージ上で追いかけっこをする茶番……ではなく、ここに集まった愛しいファンたちを喜ばせる為のエンターテインメントまで繰り広げてみせる(初日はユパンひとりで楽しそうに歌いながら駆け回っていた)。全曲披露どころか、Raphaelのステージ上で形にしたいもの、ファンが体感したいもののすべてを届けようとする意思の表れは尋常じゃなく、その何もかもが尊く、愛おしいと感じさせた。

<誰の人生も止まらないんだよ。失うものは何もない。
だから勇気を持って、笑って今日はサヨナラしましょう―――>

 「誰かの分まで生きることって、気負いがあってもさ、心意気があってもさ、やっぱり本当は出来ないじゃない。心は一人にひとつしかないし、命は一人にひとつしかないから。だからさ、失ってしまった誰かの分まで生きるんじゃなくて、その人と紡いできた思い出だったり、その人が教えてくれたものと共に生きていくのが一番良いと思うんだよね。悲しみは……多分、一生癒えないと思う。苦しいし、ツラいし、いまだに1年のうちに幾度も幾度も夢を見るし。でもね、少しずつ変化が起こってきて、本当に数年前までは、失ってしまった日のあのシチュエーションばっかりで、うなされて汗だくになって飛び起きることばっかりだったんだけど、最近ね、華月が夢に出てきてくれるときは、結構楽しいのが多いよ。だからね、決定的な何かが必要なのかどうかじゃなくて、きっとね、時間が解決してくれるものは少なからずあるのかなって思うし。そして、避けてばかり、目を背けてばかりでは見ることが出来なかった景色や答え、避けてばかりでは掴むことが出来なかった、心にとって確かなものが必ずあるような気がするんだよね。

 生きていく上でね、誰もがいろんな苦楽を経験していく訳でしょ。時には苦しかったり、悲しかったり、寂しかったり、絶望する日もあるかもしれない。だけど、たくさんのそういう想いを積んだとて、きっと数年後には、それでも踏ん張って、前を向いて、亀のごとくでもいいから歩いて進んでいったら、どんなに苦しいことも悲しいこともいつか、きっといつか笑い話にできる日が来るんだよね。だから僕からこの先も先陣切ってね、歩いて、いろんな壁を乗り越えて、道を作って、みんなをそこにどんどん案内していきたいなと思っているよ。悲しいだけで終わらない、そんなバンドにしませんか? 一緒に。あなた達となら出来ると思っているよ。……これまでは活動休止だったでしょ。止めるということは、そのあいだに何かをイジってしまうと形が変わってしまう。下手したら壊れてしまうから、すべてを封印するしか方法がなかったんだよね。だけどね、この先はね、今回は解散でしょ。その後ってRaphaelを通じて自分が得た経験だとか育む事ができた想いを、今度は言葉にしてみんなとね、対話をすることが許されるんじゃないかなと思ってるのね。

 寂しい事ばっかりじゃないからね。ここ(YUKIとYUKITO)なんか20年ぶりに親友に戻れるんだよ。凄いことだと思わない? 音楽仲間である時間がすごく長かったし、それが本当に生き甲斐だったし、大好きなアーティストのひとりだけど、この先すべてを絶ってしまうんじゃなくて、20年ぶりにまた一緒にいろんなバカやってワイワイ楽しめる、元の友達に戻れるんだ。だから誰の人生も止まらないんだよ。失うものは何もない。だから勇気を持って、笑って今日はサヨナラしましょう―――」

<Raphael史上最も眩い音楽創造「この瞬間をもって、Raphaelは解散します」>

 この決断まで、Raphaelと共に生きた者たちへこの言葉を届けるまで、費やした歳月はあまりにも長かった。けれどもYUKIが言う通りそれだけの時間が必要だった。その時間の中で目を背けないこと、避けずに向き合い続けることもまた必要だった。それはきっとファンも同じだろう。だからこそRaphaelは解散に辿り着けた。未来へ踏み出せた。誰もがまるで子供のように無邪気な表情で共に歌った「夢より素敵な」でもって、おそらくRaphaelの歴史の中で最も眩い光を放つ音楽を創造してみせた彼らは、想いの限りを尽くして「どうもありがとう!!!!」と絶叫し、しばらくのあいだ無心で天を仰いでいた。そして2階席から吊るされたファンからのメッセージに気付き、感謝の言葉を述べる。「楽しかった、本当に。夢みたいだね。これが幸せって言うんだ、きっと。凄い素敵な景色だよ、こっちから見てみると。最高だよ。みんな最高だよ、本当に」

 そして、3人からの最後のメッセージ。

 HIRO「本当に感謝しかありません。まさかこうして2016年にRaphaelのツアーを廻れて、レコーディングも出来て、アルバムを発売する事も出来たし……本当に今年の活動で今思いつくことは全部出来ました。本当に悔いはありません。だから、すごく今、やり切ったというか……失うものは何もなくて、今日でね、Raphaelは解散するけど、これからも俺はRaphaelのHIROだし、それは別に変わらないから、これからも頑張って音楽活動を続けていきますし、もっともっと格好良くなって大きなステージにも立ちたいと思ってるし、だから本当に幸せな2016年でした。今日ここに来てくれたみんなもそうだし、残念ながら来れなかった人も大勢いると思うけど、本当に応援してくれた大勢の方に感謝です。どうもありがとうございました!」

 YUKITO「当時、僕たちはまだ10代という若さで音楽のプロという道に進んで、いつの間にかメンバーとのコミュニケーションが上手く取れなくなってきて……結成当時は毎日くだらないことで笑い合ったり、じゃれ合ったりしていたのが、だんだん分からなくなってしまって。そんな中、華月がいなくなってしまって、本当にそのときからRaphaelはずっと止まったままで……僕が今回音楽を、ミュージシャンを辞めようという、その話をYUKIに伝えたことから今年のこの活動は始まりました。レコーディングやツアーやラジオ、本当にいろんなことをやって、なんか結成した頃の、あの頃に戻れたような、そんな1年間でした。……きっと華月は笑ってると思います。僕はミュージシャンという肩書きは閉じますが、音楽は大好きです。本当に音楽が好きで、好きなバンドがいればライブも観に行くし、CDも買うし、ここにいる皆さん、そしてスタッフの方、関係者の方も、みんなきっと音楽が好きで何かに携わってここに集まってるんだと思います。そして、Raphaelというさらに限定されたものの繋がりで今日ここにいます。だからきっと僕がミュージシャンを辞めてもまたどこかで会えると信じてます。本当に19年間ありがとうございました!」

 YUKI「あっと言う間でしたね。本当に夢のような時間でした。YUKITOの言う通り、Raphaelというのは、本当に信じられないぐらいのスピードで成長を遂げてしまったバンドだったから、例えばコンサート会場の規模が大きくなる度に、例えばCDのセールスが伸びる度に、目には見えないものをたくさん失ったバンドでもありました。本当に本当にね、何がきっかけでそんなに埋まらない溝が出来てしまったのか分からないぐらいに、メンバー同士顔を合わせるのもツラい日々が続いていて、今みたいにSNSも普及してないから会話の手段、もっと言うと心をお互いに開示し合う手段が本当に乏しい時代で。でも大人になればなるほど他のメンバーが当時抱えていた葛藤だったり、それこそ華月が抱えていた苦しみだったり、今ならほんの一部かもしれないけど、分かってあげられるなぁ……なんてことを思いながら、この2016年は全国を廻って、出来る限り3人一緒にいつでも行動を共にして、あの頃に足りなかった何かを埋めるような気持ちでたくさんの、たくさんのコミュニケーションを図りました。……どうしてもやっぱり最後の穴を埋める為には、どうしてもひとり足りないけれど、それでも僕らは“3/4人”ということに誇りを持って、この2016年の活動をやり遂げるつもりなんですよ。僕の音楽人生の中で2016年のRaphaelというのは、一生忘れられないものになると思います。僕にとっての誇りです。賛否両論数多あれど、全てを払い除けてあなた方はこうして自分の生きる時間を、自分の命の一部を賭して、Raphaelのグランドファイナルのこの地に、この場所に、この時間に立ち会ってくれた。忘れないで下さい、あなた方もRaphaelの命の恩人です。本当に19年間、ありがとうございました」

 「10時15分かな。……今、この瞬間をもって、Raphaelは解散します。ありがとうございました!」

<Raphael解散。最後に鳴り響いたメロディーは……>

 こうして19年間にわたる活動に幕を下ろしたRaphael。「19年間、Raphaelを愛してくれてありがとうございました。……Raphaelでした」ゲストミュージシャン含めひとりひとりステージを後にしていくメンバーたち。もちろん華月のことも置き去りにはしない。「華月の名前も呼んでやってください! 華月がいてくれなかったらみんなと出逢えなかったんだよ! 出逢いの奇跡の張本人なんだよ! 一生愛してやってください。ギター、華月!」そして一番最後にYUKITOが肩を震わせながら深く深く頭を下げ、ミュージシャン人生最後の感謝の言葉「ありがとうございましたぁ!!!!」を告げると、ステージ上には誰もいなくなった。そこへ流れ出す「夢より素敵な」のミュージックビデオ。楽しげに歌い奏でるメンバーの姿がもう一度だけ親愛なる同志たちの背中を押す。そして最後に会場に鳴り響いたメロディーは、これまで何があっても大好きなRaphaelを諦めないで生きてくれたメンバーへの「ありがとう!」、ようやく心の底から叫べたであろう、紛うことなき愛のメッセージだった。

取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:外林健太

◎Raphaelオフィシャルブック『卒業』
2016/12/25 RELEASE
A4正寸/96ページ/オールカラー
5,400円(tax in.)
http://bit.ly/2fePhks

関連記事リンク(外部サイト)

Raphael 解散インタビュー
Raphael ラストツアー開幕「Raphael史上一番のライブを約束する」YUKITO生誕祭も 解散公演は華月の命日10.31-11.01
Raphael 華月の誕生日に解散発表「少年だった僕の夢は……今年の活動で終わりを迎えます」最終章へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。