ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

奥野真哉 生誕50年記念ライブ開催目前! 40名を越える豪華ゲスト陣に加えてシークレットゲストも!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 恵比寿LIQUIDROOMでの奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)生誕50年記念ライブイベント【奥野真哉 生誕50年祭 「今宵かぎりの雑種天国」】の開催が12月2日と目前に迫る中、ゲスト陣のドレスコーズ 志磨遼平、THE STARBEMS 越川和磨、シシド・カフカと奥野真哉による緊急座談会が実現。また、その中でさらなるサプライズを匂わせる発言があり、話題を呼んでいる。

 この春、仙台、東京、大阪にて開催され、1966年生まれのミュージシャンが勢揃いし、大きな話題となった10年に1度のビッグイベント【ROOTS 66 -Naughty 50-】をバンマスとして取り仕切り、その存在感を示したキーボーディスト・プロデューサーの奥野真哉。その生誕50年を祝うイベントとして、これまでに総勢40名を越える豪華ゲスト陣の参加が明らかになっている。そのラインナップは、朝倉真司、ウエケン、ウエノコウジ(the HIATUS)、うつみようこ、大森靖子、加藤ひさし・古市コータロー(THE COLLECTORS)、クハラカズユキ、越川和磨(THE STARBEMS)、小松シゲル(NONA REEVES)、佐藤タイジ(シアターブルック / TAIJI at THE BONNET)、シシド・カフカ、志磨遼平(ドレスコーズ)、TAISEI・NAOKI(SA)、田中和・田浦健(勝手にしやがれ)、地球三兄弟(奥田民生・YO-KING・桜井秀俊)、ちわきまゆみ、トータス松本(ウルフルズ)、中田裕二、畠山健嗣(H Mountains)、ピエール中野(凛として時雨)、フラワーカンパニーズ、PES(RIP SLYME)、MAGUMI・杉本恭一・tatsu(LA-PPISCH)、真心ブラザーズ、真城めぐみ、Mr.PAN・Mr.LAWDY・Mr.GULLY (THE NEATBEATS)、YOKOLOCO BANDと現在の日本のシーンを象徴する人気ミュージシャンばかり。夏フェスすら凌駕する面々が奥野真哉という稀代の才能の節目を祝福するため、LIQUIDROOMに集結して共に音楽を鳴らす奇跡の一夜なのだ。

 さらに、ドレスコーズ 志磨遼平、THE STARBEMS 越川和磨、シシド・カフカを招いての緊急座談会を実施。記事内では各々が語る奥野真哉の魅力や真髄から、笑いありロックファン必見のエピソードの数々が披露されている。また、中には奥野真哉と志磨遼平が「大きな仕事」と居住まいを正してビッグ・サプライズを匂わせる一節もあり、当日はかなりの大物シークレットゲストの登場が示唆されている。

 なお、当公演の情報解禁と同時に公開され、人気マンガ家 和田ラヂヲによるキー・ビジュアルでも話題をさらった特設サイトでは、奥野真哉本人からの意気込みも掲載されている。「50年に一度くらいドカンとやってみたい!」という発想からはじまった、日本の音楽史に刻まれるであろう歴史的なステージを是非目の当たりにしてほしい。

◎【奥野真哉 生誕50年祭 「今宵かぎりの雑種天国」】
2016年12月2日(金)恵比寿LIQUIDROOM
OPEN 17:30 / START 18:30
出演:奥野真哉
ゲスト:朝倉真司、ウエケン、ウエノコウジ(the HIATUS)、うつみようこ、大森靖子、加藤ひさし・古市コータロー(THE COLLECTORS)、クハラカズユキ、越川和磨(THE STARBEMS)、小松シゲル(NONA REEVES)、佐藤タイジ(シアターブルック/TAIJI at THE BONNET)、シシド・カフカ、志磨遼平(ドレスコーズ)、TAISEI・NAOKI(SA)、田中和・田浦健(勝手にしやがれ)、地球三兄弟、ちわきまゆみ、トータス松本(ウルフルズ)、中田裕二、畠山健嗣(H Mountains)、ピエール中野(凛として時雨)、フラワーカンパニーズ、PES(RIP SLYME)、MAGUMI・杉本恭一・tatsu(LA-PPISCH)、真心ブラザーズ、真城めぐみ、Mr.PAN・Mr.LAWDY・Mr.GULLY (THE NEATBEATS)、YOKOLOCO BAND

チケット:前売 5,050円(税込、整理番号付き、ドリンク代別)
http://bit.ly/2cNCxyN

関連記事リンク(外部サイト)

【奥野真哉 生誕50年祭 「今宵かぎりの雑種天国」】開催目前 特別座談会 奥野真哉×志磨遼平×越川和磨×シシド・カフカ
ドレスコーズ NEWアルバム2017年リリース&全国ツアーも開催
デビュー20周年を迎えたクーラ・シェイカー【JAPAN TOUR 2016 / Album“K”再現ライブ】レア曲も披露された初日公演をレポート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP